浮気調査について

浮気調査を探偵以外の一般人が行ってはいけない理由

パートナーの浮気の疑いが確実であれば、どうにかして証拠を押さえたいもの。二人でラブホテルへ出入りするところなど、確実な証拠を激写して証拠として残したいですよね。
そうなれば尾行調査はほぼ必須ですが、そういった浮気調査は探偵に頼むのが一般的です。しかし、気になるのはその費用。探偵に依頼するとなれば、数万円〜数十万円の費用は覚悟しなければなりません。かなり痛い出費であることは確実です。

どうにかして安く浮気調査をしたいと思い、自分や友人が浮気調査をできないかと考える人も多いです。自分が尾行をすればおそらくバレるけど、友人であればバレないから、友人に尾行してもらえば良いというわけです。
しかし、これはとても危険な行為です。パートナーから訴えられてしまう可能性もあります。ですが、それは探偵だって同じはず。探偵と一般人では何が違うのでしょうか。

今回は、探偵が浮気調査を行える理由と、一般人が行ってはいけない理由についてご紹介します。

1.友人に浮気調査を頼むメリット・デメリット

メリット

費用が安い(もしくはかからない)

最大のメリットと言えるのが、浮気調査を安い費用でできることです。「お金はいらないよ!」と言ってくれる人もいるかもしれません。協力してもらったお礼をするといっても、探偵に依頼することを思えば圧倒的に安上がりになるのは確実でしょう。探偵に依頼すれば、最低でも数万円はかかります。

日程などの融通が利く

探偵に調査を頼む場合、前もって調査日や時間を相談して決定し、探偵はそれに向けて準備をしなければなりません。必要な調査員を手配したり、精密カメラや移動用の車などの準備も必要です。
急に都合が悪くなり、当日の調査をキャンセルしても、事前に調査員を手配しているため、多少の人件費などの支払いが必要になります。

それが友人に浮気調査を頼む場合、「残業だと連絡が入ったから、今晩調査してくれる?」といった電話一本で済みます。急に予定が中止になった場合でも、キャンセル料は必要ありません。

綿密な打ち合わせや煩わしさがないのも、友人に浮気調査を頼むメリットと言えるでしょう。

デメリット

尾行にバレる可能性が高い

探偵は尾行調査のプロですので、様々な研修や訓練を受けて、ターゲットにバレることなく尾行し、証拠写真を押さえることができます。しかし素人が尾行をすると、必要以上にくっつきすぎたり、ドラマのように電信柱に隠れたりなど、どうしても挙動が怪しくなり、尾行していることがバレてしまうことが多いです。

尾行されているのが一度悟られてしまえば、以降の調査はプロでも出来なくなる可能性が高くなってしまいます。浮気調査は絶対にターゲットにバレてしまってはいけないのです。

鮮明な写真や動画の撮影ができない

友人に調査を頼む場合、あなたの友人が浮気現場の写真なり動画を撮影することになりますが、その人は対象が鮮明に映った画像を撮影することができるでしょうか? 暗闇の中や車で走行中の写真を、プロのように鮮明に撮影するのは、ほぼ不可能でしょう。

法的に浮気の証拠として認められる写真や動画は「相手が言い逃れできないほどはっきりと鮮明に撮影されていること」が第一条件です。スマホのカメラ機能や個人が趣味で持っているカメラなどで太刀打ちできるようなものではありません。せっかく苦労して尾行に成功したとしても、裁判などで使える証拠写真を撮影することができなければ意味がなくなってしまいます。

事故になる可能性がある

浮気相手と対象者が車で移動すれば、尾行している友人も車で付いて行かなければなりません。相手が乗っている車を見失わないように、かつ尾行していることがバレないように運転するのは、かなりの技術が必要です。

友人に浮気調査を依頼するデメリットで、一番怖いのが事故です。
交差点で信号が変わって見失いそうになって、慌てて赤信号なのに飛び出して、交通事故を起こしてしまう、なんて可能性も十分に考えられます。もし、あなたの友人が事故を起こし、通行人などまで巻き込んでしまえば大変なことになるでしょう。そんなことになれば、浮気調査どころではありません。

尾行調査の訓練を受けていない素人が、簡単に真似できるようなものではないということです。善意で協力しようとしてくれている友人を、命の危険にさらしてしまっては絶対にいけません。

ストーカー規制法違反となるおそれがある

撮影や尾行がつきまとい行為となる、もしくはストーカー規制法違反に抵触するおそれもあります。

対象者からすれば、実際に赤の他人にずっと監視されているわけですから、気づかれて不快に思われ通報されてしまえば、言い逃れをすることなど不可能です。また、撮影している最中にその行為を第三者に見られて通報されてしまい、自身と対象者との関係を証明できなければ、条例、もしくは軽犯罪法違反で逮捕される場合もあります。

なお、婚姻前のカップルの場合、友人でなく付き合っている本人であっても、執拗な尾行や張り込みは同様の罪に問われる可能性がありますので注意が必要です。

2.探偵に与えられている権限

公安委員会に届出をしている正規の探偵事務所なら、探偵業法で認められている探偵業務を行うことができます。

探偵業務とは、

  • 他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として
  • 面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い
  • その調査の結果を当該依頼者に報告する

業務をいいます。

警察庁サイト「探偵業について」ページより引用

届出なしに上記のような業務を行えば、違法とみなされて逮捕される場合があります。探偵は、自由に誰かの素性を調査できるわけではなく、依頼を受けてはじめて必要な調査を行うことが許されているのです。

また、探偵は警察のように特別な権限が与えられているわけではありません。拳銃などの武器を使用することも、企業や行政へ情報開示を請求することもできません。浮気相手の住居に勝手に忍び込んで監視カメラを仕掛けるなどといったこともできません。

調査のためにできることは一般人と何も変わらないということです。一般人がすると犯罪になることは、探偵がしても犯罪になります。探偵は探偵業法で許可されている「聞き込み・尾行・張き込み」による調査のみで、浮気の証拠を集めているのです。

尾行や撮影はプライバシーの侵害にならないの?

尾行調査の場合、相手が不安に感じたり、つけまわされていると感じるような尾行の仕方をした場合には、違法となります。ただ、尾行自体を規制する法律はなく、探偵業法でも許可されていますので、気づかれないように後をつける分には問題ありません。探偵は、優れた尾行技術とノウハウを持っているので、相手に気づかれないように尾行をすることができるのです。

撮影に関しては、盗撮には変わりありませんが、ただ写真を撮影し、浮気の証拠として依頼人に渡すだけであれば問題ありません。撮影した写真を使って相手を脅迫したり、無断で他人の土地に侵入して撮影したりすれば、もちろん犯罪になります。法に触れないやり方で、しっかりと良い写真を撮影してくれる探偵を選びましょう。

自宅への盗聴器の設置や調査は可能

自宅で浮気が行われている場合、同居している依頼人の立ち会いのもとであれば、不法侵入ではありませんので問題はありません。別居している場合などは、無断で住居に立ち入ることはできません。

3.友人に浮気調査を頼んではいけない理由

調査は危険が多い

友達だから力になってあげたい、そう思ってくれる友人の存在はありがたいものです。ですが、想像以上に浮気調査は難しいもので、危険もたくさん潜んでいます。心底あなたを助けようと思ってくれる大事な友人を、危険にさらすようなことはしてはいけません。

探偵なら「調査」でも素人がやれば「ストーカー」

探偵が浮気調査で行う「張り込み・尾行・聞き込み」などの行為は、探偵以外の一般人の場合法律で規制されています。探偵として届出を提出している人には尾行調査が認められていますが、届出を出していない人が行えば犯罪になります。浮気調査を友人に頼めば、あなたは友人に違法行為をさせていることになってしまうのです。

浮気の証拠として認められないことが多い

運よく尾行に成功し、ラブホテルに出入りする瞬間を友人が写真撮影に成功したとします。しかし、苦労して手に入れたその写真が、裁判で証拠として認められなかったらどうでしょうか。

慰謝料請求や離婚裁判で証拠として認められるのは、言い逃れできないほど鮮明かつ信憑性の高いものだけです。少しでもボケていれば「私ではありません」と言われ、証拠としての効力を失ってしまいます。

また、不貞の証拠にはラブホテルへの滞在時間も証明する必要があります。証明出来なければ、「少し寄っただけで、性行為できるほどの時間は滞在していません」と言われるばかりか、逆に名誉棄損で訴えられてしまうおそれもあるのです。

4.不貞の証拠集めはプロに依頼するのがおすすめ

調査のプロである探偵に依頼すれば、もちろんお金はかかります。しかし、相手もプロである以上、「裁判で使える証拠」「動画で証拠を押さえて欲しい」「慰謝料を請求したいから浮気相手の素性調査も」といったあなたの要望をかなえるため、しっかり調べ上げてくれます。

また、万が一事故が起こってしまったとしても、それは単に探偵の過失でしかなく、依頼人にはなんの責任もありません。友人が調査中に事故を起こしてしまえば、他人事ではいられませんよね。

「法的に有効な証拠が手に入ること」とともに、「調査に関して一切責任が発生しない安心感」というのが、探偵に依頼する一番のメリットとも言えます。離婚や高額の慰謝料を認めさせられる可能性と、事故等に対する安心感が買えると思えば、探偵への依頼のほうがむしろ安上がりだと思いませんか?

探偵業は法律で厳しく取り締まられているため、ぼったくりのような悪徳探偵もほとんどいなくなっています。短時間であれば、数万円程度からでも調査が可能です。

評判の高い
浮気調査・不倫調査に強い探偵事務所3選

原一探偵事務所

  • 業界トップレベルの高い調査力!
  • 数少ない弁護士弁護士特約店特約店!
  • 万一のときも安心の料金システム!

43年間、10万件以上の調査実績! 全国主要都市に18拠点を構える、信頼できる探偵事務所です。調査歴20年以上のベテラン調査員を現場に配属し、業界トップの圧倒的な調査力で、難易度の高い調査でも解決します。経験豊富だからこそ、料金の算出が明確で、見積もり金額以上の請求がなく安心です。

HAL探偵社

  • 業界最安価格帯の調査費用!
  • 業界初の調査料金後払い制・成功報酬型!
  • 調査成功率99.8%! 安心の調査保証制度

お客様満足度98.36%、調査成功率99.8%! 調査費用は業界最安価格帯の、調査員1名あたり1時間6,000円。しかも成功報酬型で、追加料金も一切なし、調査終了後の完全後払い制なので安心です。料金は安くても、裁判で使える鮮明で確実な証拠を掴みます。

総合探偵社TS

  • テレビ番組や雑誌等メディア実績多数!
  • 調査状況のリアルタイム報告可能!
  • 依頼者の精神面も問題解決もサポート!

低料金かつ高水準の調査力と、丁寧なアフターサポートが魅力の探偵事務所です。調査中は、状況をリアルタイムで報告してもらえます。依頼者の精神状態を常に気遣い、調査終了後も、離婚問題や慰謝料問題に強い弁護士を無料で紹介してもらえたり、夫婦カウンセラーから関係修復のためのサポートを受けられます。

関連記事

  1. 浮気調査の料金を安くする方法(前編)

  2. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?

  3. 探偵事務所の浮気調査って具体的に何をするのか?

  4. 浮気調査の料金を安くする方法(後編)

  5. 浮気調査にかかる費用の相場と料金体系

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 探偵事務所の選び方

  2. 浮気・不倫に関するコラム

  3. 不倫裁判について

  4. 浮気・不倫に関するコラム

  5. 浮気・不倫に関するコラム

PAGE TOP