浮気・不倫に関するコラム

探偵の実力と調査報告書の内容について

浮気の証拠を突きつけて離婚したい! 慰謝料請求をしたい! と思っても、証拠が足りなければ、慰謝料を支払ってもらえないばかりか、相手と別れさせることも、離婚することもできません。浮気や不倫が裁判で認められるためには、探偵に依頼して「不貞の証拠」を集めることがほぼ必要不可欠です。

探偵に依頼すると、探偵は「調査報告書」として、調査の結果集めた写真や詳しい行動の様子などをまとめた冊子を作成します。これが裁判において非常に有効な証拠となります。

最近では、ネット上で調査報告書のサンプルを公開している探偵社も増えていますが、調査報告書の出来で探偵の実力がある程度判断できます。ですが、実際の調査報告書を見ることはほとんどありませんので、どのようなものなのか、どのようなものが良いのか、判断しづらいものです。

今回は、探偵の調査報告書についてまとめました。

浮気調査報告書の内容

探偵事務所の調査報告書は、探偵事務所によって書式や内容が大きく異なります。内容次第で証拠としての効力も大きく変わってくるため、なるべく精度が高くてわかりやすい、証拠力の高い調査報告書を作ってくれる探偵事務所に依頼するのがおすすめです。

浮気調査報告書からわかる内容

  • いつどこで何をしていたか
  • 何時にどこへ向かったのか
  • 何時にどのお店に入ったのか
  • どんな人と一緒にいたのか
  • 浮気相手の氏名、住所、勤務先

探偵に尾行調査を依頼し、調査報告書を作ってもらうと、対象者が調査期間中何をしていたのかがほとんどすべてわかります。調査報告書には、対象者の行動すべてに対して、日付と時間、写真と説明文が掲載されています。

もし浮気をしていた場合、浮気相手と一緒に歩く写真、一緒にお店やホテルに入る写真が、本人だとはっきりわかるよう鮮明に撮影されています。

裁判で使える報告書とは

探偵が作成した調査報告書は、裁判(調停)の時に、証拠として裁判官(調停委員)に提出します。疑いようのないしっかりした内容だと判断されれば、その報告書は浮気の証拠として採用されることになります。

探偵事務所のサイトなどでは、よく「裁判でも使える報告書です!」という宣伝を見かけます。過去に作成した調査報告書が、実際に裁判の証拠として採用されたケースがあれば、このように宣伝しています。

裁判所で証拠とするために確認されるのは、下記の2つです。

  • 1日の行動調査
  • 浮気の証拠写真

浮気をした瞬間だけでなく、その前後、どこで待ち合わせてどのようにして来たか、といったこともしっかり撮影されていることも大事です。風俗でその時たまたま会った人だなどと言い訳をされないためです。以前から浮気・不倫関係にあった、と推測される必要があります。

浮気の証拠写真について

調査報告書の内容でもっとも重要なのが、浮気に関する証拠写真です。

  • 手を繋いだり、抱き合ったり、キスをしている写真
  • ラブホテルへ一緒に入る写真、出てくる写真
  • シティホテル、旅館、自宅などに一緒に入る写真、出てくる写真

特にラブホテルへ出入りする写真は、証拠として採用される可能性が高いです。入るだけで何もしなかったと言っても、「ラブホテル=性行為をする場所」という一般的な認識から、したであろうと推測されてしまうので、そのような言い訳はほとんど通用しません。

3回以上、最低限2回は証拠写真を撮ってもらうようにしましょう。継続性があると認められた方が、浮気の本気度が高い、と認定されるからです。
1回だけだと、ちょっと魔が差した、と捉えられ、慰謝料が少なくなってしまうケースがあります。
 
また、悪徳探偵事務所では証拠写真が1・2枚しか撮られていないといったケースもあり、浮気の証拠としては弱くなります。きちんと尾行し、写真を撮ってくれる探偵事務所を選びましょう。

良い報告書とはどんなものか

写真がたくさんついていて、人物がはっきりと特定できる

調査報告書でもっとも重要なのが、写真による証拠です。いくら文章で細かく記録されていても、「探偵が勝手に想像して言っているだけだ」と反論されてしまいます。写真とセットであれば言い逃れはできません。

また、写真があっても、はっきり映っていなかったり数が少なかったりしては、証拠としては弱くなります。例えば、一緒に歩いている写真はあっても、その後ラブホテルに入る肝心の瞬間の写真がなかったり、はっきり写っていなかったりすると、浮気の証拠として認められにくくなります。浮気の調査報告書の写真は、対象者の行動を網羅できるよう、継続的に撮る必要があるのです。

腕の良い探偵が尾行調査をした場合には、調査中の行動がすべて明らかになるほど綿密に大量の鮮明な写真が撮られてしまうので、浮気をしていれば裁判でもほぼ確実なものになります。

時間ごとの行動が具体的に細かく記載されている

調査報告書には、写真の内容を説明するための、文章による記録がついています。

「○年〇月〇日 午後〇時〇分 〇〇がコンビニ○○にて〇〇と会う」
「推定23〜5歳、身長150cm位、細身」
「午後〇時〇分 甲乙がラブホテル○○に入る」
「午後〇時〇分 タッチパネルで部屋を選んでいる(●●●号室を選択)」

5W1Hに沿って、具体的にまとめられていることが重要です。時間が「○時頃」などと大雑把でないかどうか、施設の名称や人物の風貌、車に乗った場合は車種や色、ナンバーなども具体的に記載されているかどうかチェックします。また、写真では会話内容などはわからないため、どのような様子で話しているか、どのような会話をしているかなども、できるだけ詳しく記載されている必要があります。

また、記録には探偵の推測は入れず、客観性のある内容であることが求められます。観察した行動をありのままに記録したものでないと、正確な情報が得られない上、それを読んだ依頼人を間違った方向に誘導してしまいかねません。

地図や行動経路の図面がついていてわかりやすい

良い調査報告書には、対象者が立ち寄ったあらゆる場所について、わかりやすいように地図がつけてあります。そして、その地図上に相手方らの行動経路を示し、いつどこからどこに行っていたのかがわかりやすくなっています。

尾行調査の前にGPS調査をしていた場合、大抵は引き続きGPSをつけているので、その場合はGPSデータも一緒についてきます。地図や行動経路の図面、GPSデータなどと合わせることで、調査報告書の説得力がより高まるのです。

報告書から探偵の実力をはかるポイント

  1. 撮影されている写真は、前から顔が見える写真かどうか
  2. 時系列に細かく、報告書が作成されているかどうか

この2つが、調査報告書から探偵の実力をはかる大きな判断ポイントになります。サイトにサンプルが掲載されている探偵事務所や、実際に事務所を訪れてサンプルを見せてもらう場合は、これらのポイントに注意して見てみてください。

なお、サンプルが見せられない事務所や、サンプルが用意されていない事務所は、避けたほうが無難です。探偵への依頼でもっとも重要な調査報告書のサンプルが見せられないということは、手抜き報告書しかあげてこない悪徳探偵だったり、調査能力がなくて報告書が作れないような探偵である可能性もあるからです。

1.撮影されている写真は、前から顔が見える写真かどうか

前から撮った写真は顔が見えるので、本人であるとはっきりわかります。証拠として残すなら、当然後ろ姿よりも前からの写真が良いですよね。
ですが、前から撮影することは高い技術が必要です。二人から見て前ということは、二人の視界に入りますので、普通にカメラを構えて撮影することはできません。尾行にバレる可能性も高くなります。

そのため実力のない探偵は、後ろからの写真が多いです。顔がわからないので、ほんとに本人や浮気相手?
と思われてしまう可能性もあります。調査報告書がバックショットばかりの探偵は、避けたほうが良いと言えるでしょう。

実力のある探偵の場合は、証拠として有力なものに仕上げるために、前から撮影した証拠写真が多いです。前から撮影してもバレない実力があるためです。

2.時系列に細かく、報告書が作成されているかどうか

調査期間中、細かい時系列できちんと行動が記録されているかどうかもチェックしましょう。細かい記録をつけようと思うと、しっかり対象者に張り付いて尾行・観察する必要があります。1時間おきにしか記録がない報告書と、10分おき、30分おきに記録がある報告書を比べれば、後者のほうがより尾行がうまく、失敗しにくい探偵と言えます。

探偵事務所を比較するなら
「街角相談所 -探偵-」

街角相談所 -探偵-
街角相談所 -探偵-は、全国100社以上の探偵事務所から相談者に最適な探偵事務所をご紹介できる比較マッチングサイトです。
ご紹介する探偵社は、5つの基準をクリアした信頼性の高い探偵社のみ!専属のアドバイザーが親身になって探偵探しをサポートします。
 
カンタン30秒の入力で無料匿名相談!お電話でのご相談も可能です!

関連記事

  1. 離婚後、養育費をきちんと支払ってもらうために

  2. 不倫で離婚した場合もらえる養育費について

  3. 彼氏の浮気を知ってしまった時の対処法

  4. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意…

  5. 浮気と不倫の違いと境界線

  6. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 自分でできる浮気調査

  2. 浮気・不倫に関するコラム

  3. 浮気調査について

  4. 自分でできる浮気調査

  5. 浮気・不倫に関するコラム

PAGE TOP