浮気・不倫に関するコラム

浮気と不倫の違いと境界線

「浮気」と「不倫」。どちらもよく耳にする言葉で、何気なく使い分けていると思いますが、この二つの言葉の意味を正確に理解できている人は意外と少ないのではないでしょうか。

今回は、「浮気」と「不倫」の違いについてまとめてみました。

探偵事務所おすすめランキング
サイト名 特長
原一探偵事務所 業界トップレベルの高い調査力!
数少ない弁護士弁護士特約店特約店!
万一のときも安心の料金システム!
HAL探偵社 業界最安価格帯の調査費用!
業界初の調査料金後払い制・成功報酬型!
調査成功率99.8%! 安心の調査保証制度
総合探偵社TS テレビ番組や雑誌等メディア実績多数!
調査状況のリアルタイム報告!
依頼者の精神面も問題解決もサポート!

探偵事務所比較表を見てみる

浮気と不倫の定義

浮気は、「特定の相手がいながら他の異性と関係を持ってしまうこと」です。既婚であっても未婚であっても同じで、誰かと交際もしくは婚姻しているのにも関わらず別の異性に関心を向け関係を持ってしまえば「浮気」と言います。

一方、不倫の言葉としての意味は「男女の関係が人の道に外れること」です。書いて字の如く倫に反する行為、「人としての過ち」とも言えます。浮気をしている男女のどちらか一方、あるいは両方が既婚者である場合で、肉体関係を持った際に「不倫」と言います。

浮気と不倫の違い

既婚か独身か

「浮気」は、関係に関わらずパートナーがいながら他の異性と関係を持つことです。独身同士でお付き合いをしている人が他の独身異性と肉体関係を持っても、それは「浮気」であって「不倫」とは言いません。どちらか一方でも既婚者で、かつ肉体関係を持った場合において「不倫」と言います。

「不倫」とは「倫理の道から外れる」ことで、「夫婦」という社会的な立場と責任を持つ人がそれに反した、というニュアンスで使うということです。

肉体関係の有無

「浮気」に肉体関係があるかどうかは関係ありません。どこからを浮気とするかは人それぞれですが、相手と「手を繋いだ」「キスをした」などが浮気のボーダーラインになる場合が多いようです。「電話やメールのやりとりをした」だけでアウトと考える人もいるほど、浮気の定義には個人差があります。特定の相手がいながら別の人に好意を持って接触してしまえば浮気ということになるということです。

「不倫」は、必ず肉体関係が伴います。離婚調停において、既婚者であっても、ただ他の異性を好きになってしまっただけなら「不倫」とは言いません。既婚者が他の異性と「不貞行為」つまり肉体関係を持った場合という、限定的な意味において不倫という言葉が使われます。

気持ちの重さ

「浮気」が「浮ついた気持ち」と表現される軽い気持ちなのに対して、「不倫」は本気で相手のことを好きになっている状態と捉えることもできます。本気の気持ちが入っている不倫は許されませんが、軽い気持ちだけの浮気なら許してしまうという人も多いです。

また、婚姻関係にある男女が配偶者以外の人と肉体関係を持つことと、未婚の男女が相手以外と関係を持つことの、倫理的な面や法的な面を考慮しても、浮気より不倫の方がより重いと言えます。

浮気と不倫の境界線

浮気については、性的な行為の有無に関わらず、キスや手を繋いで歩くなどの行為だけでも「浮気」として認識されることが多いです。パートナー以外の異性にパートナー以上に心を奪われてしまうことは、例え一時的で一方的なものであったとしても「浮気をした」とみなすのが一般的な考えなのです。

浮気の境界線に法的な定義はなく、パートナーが自分以外の異性に関心を持つことをそれぞれがどこまで許せるか、ということが浮気のボーダーラインになります。

一方、不倫については、結婚している身であるにも関わらず、異性と性交渉をしてしまった時点で「不倫」とみなされます。法律上、不倫(=不貞行為)は離婚事由として規定されています。セックスを行わなくても、オーラルセックス(口による愛撫)、射精を伴う行為など「性交渉に類似する行為」があれば、離婚の原因を作ったとして離婚裁判での立場はかなり弱くなります。

胸を触ったら性交渉に類似する、ととらえる人もいますが、これは不倫にはほぼ該当しません。法的な解釈から浮気と不倫のボーダーラインを引くとするなら、「下半身が絡むかどうか」が境界線になると言えるでしょう。「二人きりでデート」「キスをする」なども、不倫には該当せず離婚事由になりません。

法律的な面から見た浮気・不倫

離婚裁判ではよく浮気や不倫が争点になりますが、法律に「浮気」「不倫」という言葉はありません。離婚裁判で浮気や不倫を争う場合、重要なのは不貞行為があったかどうかということです。不貞行為とは、配偶者以外の異性との性交渉やその類似行為のことです。

肉体関係がなければ不倫にはなりませんが、あくまでも不倫は離婚原因のひとつにすぎません。配偶者以外の異性とのデートに勤しみ、育児をしなかったり生活費を入れなかったというような事実があれば、裁判で離婚が認められることは十分にありえます。

浮気や不倫をする人の心理的原因

なぜ、特定の相手がいながらも別の人へと意識が向いてしまうのでしょうか? その根本的な原因を解説します。

よくある浮気や不倫をする原因3つ

パートナーと上手くいっていないから

パートナーと合わず上手くいっていないと、癒しを感じられる場所がなくなり、甘えたり頼ったりする相手もいないためストレスが溜まってしまいます。そして逃げるように他の居場所を求めるようになり、やがて浮気や不倫へと発展していきます。また、喧嘩によってイライラしていて、あてつけのように浮気や不倫に走ってしまうケースもあります。

性的欲求不満のため

セックスレスとは、「同居している、または頻繁に会っているのに、特別な事情なく1ヶ月以上性交渉がないカップル」のことです。

パートナーとのセックスレスにより性的な欲求不満が長期に及ぶと、この性的欲求を解消したいという気持ちが大きくなります。男女の性欲が高まる時期には違いがありますから、夫の性欲が衰えてきた頃に妻の性欲が高まり、妻が欲求不満になってしまうことも少なくありません。

退屈で刺激に飢えているから

付き合いが長くなればなるほど、最初の頃のようなドキドキ感もなくなり、お互い落ち着きが出てくるものです。しかし、あまりにもマンネリ化しすぎて日常が「つまらない」と感じるようになると、新たな刺激やスリルを求めて浮気や不倫に手をのばしてしまうことがあります。

マザコンの男性は浮気をしやすい?

母親に対して強い愛着・執着心がある人のことを「マザコン(マザーコンプレックスの略)」と言います。実はこの「マザコン」である男性は、浮気をしてしまいやすいのです。

マザコンの男性は、交際相手にも母親と似ている一面を求めがちです。好きな女性像を母親とダブらせ、母親のように安心感のある女性を、結婚してずっと一緒にいたい相手として無意識に選んでしまうのです。
ですが、いくら母親が好きでも、母親に対して性的な関係を求めることはありません。同じように、そんな母親と似ている彼女に対しても、性的な欲求がわきづらく、別の性的な関係を持つ相手を作ろうとしてしまうわけです。

もちろん、マザコン男性全員がそうであるわけではありませんが、男性の本能でもありますので、このようなケースは多いと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。浮気も不倫も一見同じような意味合いですが、正確にはそれぞれ異なる部分があります。不倫のほうがより重い裏切りということにはなりますが、浮気をされる側からすれば、どちらも同じ裏切り行為です。浮気だけでは法的処罰はないものの、浮気によって受ける相手の精神的ショックの度合いによっては、慰謝料問題などに発展する可能性もないとは言えません。「浮気くらいなら」という考えではなく、「浮気はしてはいけないこと」ということを忘れないようにしてください。

評判の高い
浮気調査・不倫調査に強い探偵事務所3選

原一探偵事務所

  • 業界トップレベルの高い調査力!
  • 数少ない弁護士弁護士特約店特約店!
  • 万一のときも安心の料金システム!

43年間、10万件以上の調査実績! 全国主要都市に18拠点を構える、信頼できる探偵事務所です。調査歴20年以上のベテラン調査員を現場に配属し、業界トップの圧倒的な調査力で、難易度の高い調査でも解決します。経験豊富だからこそ、料金の算出が明確で、見積もり金額以上の請求がなく安心です。

HAL探偵社

  • 業界最安価格帯の調査費用!
  • 業界初の調査料金後払い制・成功報酬型!
  • 調査成功率99.8%! 安心の調査保証制度

お客様満足度98.36%、調査成功率99.8%! 調査費用は業界最安価格帯の、調査員1名あたり1時間6,000円。しかも成功報酬型で、追加料金も一切なし、調査終了後の完全後払い制なので安心です。料金は安くても、裁判で使える鮮明で確実な証拠を掴みます。

総合探偵社TS

  • テレビ番組や雑誌等メディア実績多数!
  • 調査状況のリアルタイム報告可能!
  • 依頼者の精神面も問題解決もサポート!

低料金かつ高水準の調査力と、丁寧なアフターサポートが魅力の探偵事務所です。調査中は、状況をリアルタイムで報告してもらえます。依頼者の精神状態を常に気遣い、調査終了後も、離婚問題や慰謝料問題に強い弁護士を無料で紹介してもらえたり、夫婦カウンセラーから関係修復のためのサポートを受けられます。

関連記事

  1. 取り決めた養育費を相手が支払わない場合の対策

  2. 不倫で離婚した場合もらえる養育費について

  3. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意…

  4. 浮気でよくある嘘や言い訳と見破り方

  5. 離婚後、養育費をきちんと支払ってもらうために

  6. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 慰謝料について

  2. 慰謝料について

  3. 浮気・不倫に関するコラム

  4. 浮気調査について

  5. 慰謝料について

PAGE TOP