自分でできる浮気調査

浮気調査に使うGPSの選び方

パートナーの行動が最近怪しいと感じ浮気を疑い始めたものの、どうすれば良いかわからない。
何の確証もないし、いきなり探偵社に浮気調査を依頼するのも・・・

そんなときに自分で出来る主な浮気チェックが、スマホのチェックと、GPSを使った行動チェックです。

今回は、浮気調査に使うGPSの選び方についてご紹介します。

GPSの種類と特徴

GPSには、「GPS発信機(リアルタイムGPS)」「GPSロガー」の2種類があります。GPS発信機はリアルタイムで機器がある場所を発信し、スマホやパソコンで位置検索してその位置を確認することが出来ます。一方、GPSロガーは、一定時間ごとに機器のある場所を記録するものです。

探偵が使うような、リアルタイムでGPSの位置が動いて表示されるようなものも「リアルタイムGPS」ですが、購入しようと思うとかなりの高額になってしまいますし、個人でそこまでのものが必要となるケースはあまりないかと思いますので、ここで言う「リアルタイム」はリアルタイムに通信してその時その時での位置情報を記録するタイプのこととします。

GPS発信機(リアルタイムGPS)の特徴

  • 測定精度が高い
  • 追跡調査が可能(仕掛けている間もいつでも所在を検索できる)
  • 電池が長持ちする機種が多い
  • 検索しないと履歴に残らない(自動で検索することも可能)
  • 自動検索を設定しないと心もとない

GPS発信機(リアルタイムGPS)は、本体自体が電波を発信しているので、現在位置をパソコンやスマホなどから常に確認することが可能なタイプです。位置の自動取得機能はなく、現在位置を知りたいときに位置検索を随時行う必要があります。

移動の軌跡を知るためには、手動で頻繁に位置検索を行うか、自動検索を行う必要があります。自動検索で1分-10分おきごとに自動で行うことで、簡単に移動位置を確認でき、必要な時はリアルタイムで位置を知ることもできます。

リアルタイムGPSの特徴は、測定精度が高く、追跡調査が可能(測定中も簡単に現在位置が確認できる)なことです。機種によって大きく性能差があるので、浮気・不倫調査の目的に合わせて使う機種を選ぶ必要があります。ネットのレンタル業者や探偵社からレンタルをすることもできます。

測定精度が高く、電池の持ちが良い

リアルタイムGPSは測定精度がGPSロガーより遥かに高精度で、GPSロガーは測定精度が100m以上の場合も多くあるのに対して、リアルタイムGPSは測定精度10m程度の高精度のものもあります。「使っているラブホテル」や「浮気相手の家」を正確に確認するためには、高い精度が必要なので、浮気調査に使うにはリアルタイムGPSがおすすめです。

また、数分おきに通信するときにしか電池を使わないため、長時間電池が持つ機種が多いのも特徴です。1ヶ月ほど電池が持つものもあり、その間いつでもスマホなどから位置を確認することができます。

見つかったら身元が判明する可能性がある

携帯電話の電波を利用して位置を発信する仕組みのため、電波が届かない所では使用できなかったり、精度が悪くなってしまいます。また、携帯電話のように番号が割り当てられていて、SIMカードが入っているものもありますので、見つかった場合身元が判明してしまう可能性があります。

また、通信に携帯電話の電波を使うため、セキュリティ会社か携帯会社との契約が必要です。

位置検索と自動検索の違い

リアルタイムGPSは位置の自動取得機能がなく、機器の所在を知りたいタイミングで位置検索をする必要があります。位置検索の方法には「手動検索」と「自動検索」があります。

「手動検索」は、自分で位置検索した時の場所が記録され、検索していない時の場所は記録されません。対して「自動検索」は、一定時間(1分、10分など)ごとにGPS発信機のある場所を自動で記録していきます。これにより、何度も自分で位置検索をしなくても対象の動きを確認できます。なおかつ、必要なときはリアルタイムで位置を知ることもできます。

GPSロガーの特徴

  • 測定精度が低い
  • 仕掛けている間は追跡(位置確認)できない
  • 電池の消耗が激しい上、電池が切れても回収するまで分からない
  • 振動したり音が鳴るタイプが多い

GPSロガーは一定時間ごとに、機械のある地点を記録していき、回収後パソコンでデータ処理をすることで、移動軌跡を確認するタイプです。GPSロガーは通信はできないため、GPSを仕掛けている間は遠隔で位置情報を確認することができません。遠隔で通信を行うことができない代わりに、10秒おきなど短いスパンで位置の記憶をすることができます。

リアルタイムで位置がわからないといけないため、証拠写真を撮るなどの用途には向きませんが、言っていた場所と違う場所に行っていたなど、怪しい行動がないか後でじっくり確認することができます。また、機械自体に利用者の情報が組み込まれていないため、万一見つかっても誰のものかバレる心配はありません。

測定精度が低く、電池の持ちが悪い

測定精度が良くて100m程度という場合もあり、リアルタイムGPSに比べてかなり測定精度が落ちます。おおよその位置しかわからないため、浮気相手の家を特定するなど、詳細な位置情報を調べることはできません。「出張のはずが観光地に行っている」「残業だと言っていたのに、終業後どこかに寄っている」など、怪しい行動がないかどうかを調べるというような使い方になります。

また、頻繁に本体に位置情報を書き込んでいくため、電池の減りが早く、1日程度しか持ちません。さらに、電池残量が少なくなるとアラームが鳴ったりランプが点滅したりするものが多いため、対象者に気づかれてしまう危険性が高くなります。

浮気調査に向いているGPSの条件

リアルタイムGPSのほうがより長期間の詳しい浮気調査ができる点でおすすめですが、契約が必要で利用者がわかってしまうのが大きな欠点でした。しかし、リアルタイム型でありながら利用者情報が分からず、契約も必要のないGPSが存在します。

一部の探偵社だけが利用しているプロ仕様のGPSですが、万一発見されても誰のものかわからず、さらに匿名で利用できる優れものです。リアルタイムGPSですので精度ももちろん申し分ありません。

驚きなのが、こんな好条件にも関わらず値段が安いこと。探偵に依頼する前に、自分である程度詳しく追跡調査したい方におすすめです。

浮気調査にスマホのGPSは向いていない?

浮気調査に自分のスマホのGPS機能を使うという人がいます。スマホに内臓されているGPS機能と、スマホを探す機能を使って、自宅のパソコンなどから動きを見る方法です。GPS機器を買う必要がないのは便利ですが、これは非常に精度が悪い上に、発見されれば誰のものか一目瞭然です。バッテリーの持ちもあまりよくありません。

リアルタイムGPSはレンタルか購入か?

レンタルの場合、レンタル代金に通信費用が含まれていますが、購入する場合は通信費用や契約料がかかります。一般的には購入後3〜6ヶ月は通信は無料ですが、それ以降は料金が必要になります。

2ヶ月程度の使用であればレンタルのほうが安上がりですが、3ヶ月以上使用する場合は購入を検討すると良いでしょう。

ケース別レンタルGPSの選び方

レンタルの場合、期間は最低2週間、万全を期すなら1ヶ月のレンタルがおすすめです。週に1〜2回浮気をしているパターンなら良いですが、月に1〜2回というパターンの場合に対応するためです。

浮気をしている可能性があるかどうか知りたい場合

「仕事に行ったはずが全く異なるところにいる」といったおおまかな行動を知るためであれば、どのような機種でも対応できます。ただし、無音・無振動のものを選ぶようにしましょう。期間は2週間〜1ヶ月程度で大丈夫でしょう。

ポイントとして、浮気が判明したらどうしたいかをある程度決めておくと良いでしょう。離婚や慰謝料請求をしたいのであれば、高性能なGPSが必要になってきますので、それによって選んでください。

浮気が判明していて、浮気相手の家を知りたい場合

浮気相手の家を特定するには、高精度なGPSが必要です。GPSロガーでは正確な測定ができませんので、リアルタイムGPSを使いましょう。自動検索機能のついた機種がベストです。期間は1ヶ月程度で良いでしょう。

離婚や慰謝料請求に使える証拠が欲しい場合

10mの精度のGPSで、ラブホテルに2〜3時間停車していたといったデータは、場合によっては有用な状況証拠となることもありますが、基本的には裁判においてGPSデータだけで浮気を認められることはありません。GPSの位置情報と、写真やメール、録音データなどとを組み合わせる必要があります。

ただし、GPSの記録を見せてパートナーに問い詰めることで自白させるには非常に効果的です。また、慰謝料請求を行うためには、浮気相手の住所が必須です。

将来的に離婚や慰謝料請求を視野に入れている場合は、精度の高いGPSで1ヶ月〜1ヶ月半程度の浮気調査をすることをおすすめします。

関連記事

  1. 車内で使うICレコーダーの失敗しない選び方

  2. LINE(ライン)で浮気をする手口とチェックポイント

  3. 携帯(スマホ)から浮気の証拠を集めるには

  4. 浮気や不倫によく使われるアプリまとめ(前編)

  5. 浮気や不倫によく使われるアプリまとめ(後編)

  6. 浮気や嘘を見破るための質問とポイント

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 不倫裁判について

  2. 自分でできる浮気調査

  3. 慰謝料について

  4. 不倫裁判について

  5. 自分でできる浮気調査

PAGE TOP