慰謝料について

浮気・不倫の慰謝料請求で知っておきたいポイントまとめ

配偶者が浮気や不倫をしたとき、不倫相手に故意または過失(不法行為)が認められると、その不倫相手に対して不法行為による損害賠償(慰謝料)請求ができます。ですが、方法を知らずにやみくもに慰謝料を請求しても、慰謝料を払ってもらえないばかりか、逆に訴えられてしまう可能性もあるのです。

不倫相手に慰謝料請求をするには、どのような手続きをとったら良いのでしょうか?

今回は、配偶者が不倫している場合の、配偶者や不倫相手への慰謝料請求について知っておきたいポイントをご紹介します。

慰謝料を請求するために必要な条件

  • 不倫相手と肉体関係があった証拠がある
  • 不倫相手が配偶者のことを既婚者と知っている
  • 夫婦関係が破たんしていない

浮気の慰謝料の請求をするためには、「不貞の証拠」という、配偶者と不倫相手が肉体関係をもっていたことがわかる証拠が必要です。具体的には、以下のようなものが考えられます。

  • 配偶者と不倫相手が、自宅やラブホテルなどに出入りする画像や動画
  • 配偶者や不倫相手が「不倫した」「浮気した」などと認めた書類や音声、映像など
  • 配偶者と不倫相手が一緒に旅行や食事をしたり、ホテルを利用したりした際の領収証やクレジットカードの明細書
  • 配偶者と不倫相手が交わしたメール等から、浮気していることが推測されるもの

どれかひとつがあっても、必ずしも体の関係があったとは言えませんので、いくつかの証拠と照らし合わせて、全体的に不貞を証明する必要があります。自分で調べるのが難しければ、探偵に依頼したり、興信所を利用すると良いでしょう。

不倫相手に慰謝料を請求するためには、不倫相手の本名や連絡先も必要となります。相手のメールアドレスやSNSの連絡先しかわからない場合は、相手方と話し合いを進める中で、それとなく氏名や住所を聞き出しておきましょう。

慰謝料を請求できる相手

不倫相手に請求する場合

不倫相手は、あなたの配偶者が既婚者であると知りながら(または過失によって気づかないまま)不倫を続けていたわけですから、不法行為が成立します。よって、あなたは不倫相手に対して、不法行為にもとづく損害賠償請求として、慰謝料請求ができるのです。

配偶者に請求する場合

不倫相手についての十分な情報がなくて請求が難しい場合や、不倫相手が完全にあなたの配偶者にだまされていて、既婚者であることに気づかなかったとしても仕方がない場合は、不倫相手に対して慰謝料請求することが難しくなります。この場合、配偶者に対して慰謝料請求をすることができます。

ただし、配偶者に対して慰謝料を請求するためには、基本的に離婚をする必要があります。夫婦の話し合いでお金を払ってもらうことは可能ですが、少なくとも裁判では認められにくいです。

離婚の際に配偶者に対して不倫慰謝料を請求する場合、財産分与とは別に慰謝料を請求することができます。
配偶者は慰謝料を払えば関係はそれで終わりと考えていて、後でトラブルになることも考えられますので、慰謝料を払ってもらうまでにきちんと確認しておきましょう。

不倫相手、配偶者の両方から請求する場合

双方に同時に請求することもできますし、時期をずらして請求することもできます。ただし、配偶者に対していくら、不倫相手に対していくら、というように個別の計算はせず、2人に対して合計いくら、という考え方になります。

たとえば、不倫相手から先に慰謝料を受け取った後に配偶者にも請求する場合、配偶者に支払請求できる金額から、すでに受け取っている不倫相手からの慰謝料分が減額されることになります。

離婚しない場合は求償権に注意

不倫相手と配偶者の両方に慰謝料を請求する場合、請求金額は2人に対して、2人分を合わせたものになります。不倫は当然一人ではできない共同不法行為ですので、連帯して支払い責任を負います。
これを不倫相手が全額支払った場合、不倫相手は配偶者に対して、自分の負担部分を超える支払分について、支払い請求する権利があります。この権利を「求償権」と言います。

たとえば、不倫相手が不倫の慰謝料として200万円支払った場合、負担割合が5割ずつだとすると、不倫相手が求償権を行使して、配偶者に100万円の支払い請求をしてくる可能性があります。

配偶者と離婚せず不倫相手に慰謝料請求をする場合は、配偶者に対して求償権を行使しないことも約束させることが重要です。

慰謝料請求の流れ

不倫相手に請求する場合

  1. 証拠を確保
       ↓
  2. 不倫相手に慰謝料を請求
       ↓
  3. 慰謝料の交渉開始
       ↓
    交渉成立すれば慰謝料の支払いへ
    交渉不成立なら裁判へ

まず、「不倫相手があなたの配偶者のことを既婚者と知りながら不倫していた」という証拠が手元にあることを確認します。そして、不倫相手に対して、内容証明郵便を使って慰謝料を請求する文書を送ります。このとき、相手方に到達したことが確実に証明できるようにするため、配達証明をつけておきましょう。

請求書の送付後は、不倫相手と交渉をして、いくらの慰謝料をどのような方法で(分割払い等)支払ってもらうのかを決定していきます。

ここで双方の折り合いがつけば、示談交渉は終了し、その内容に応じて慰謝料の支払いが受けられます。もし折り合いがつかない場合には、裁判を起こすことになります。この場合の裁判は、損害賠償請求訴訟となります。

いきなり内容証明郵便や電話などで慰謝料を請求すると、相手も感情的になって示談がまとまりにくいです。確実に手続きを行うためにも、弁護士などの専門家に相談・依頼すると良いでしょう。

配偶者に請求する場合

  1. 示談開始
       ↓
  2. 離婚する場合は財産分与・慰謝料の請求
    離婚しない場合は慰謝料の請求
       ↓
  3. 交渉成立すれば離婚成立・慰謝料の支払いへ
    交渉不成立なら調停→裁判へ

不倫相手の場合と同様、配偶者と話し合いをするところから始めるのが普通です。離婚の話し合いの中で、慰謝料の金額や支払方法などについても決めていきます。他に財産分与などがあれば、その話と並行して慰謝料支払いについての話し合いを進めます。話し合いがまとまらない場合には、離婚調停を利用して、その手続きの中で慰謝料の金額や支払方法を決めていきます。

離婚しない場合には、裁判などの場で法的に慰謝料請求をすることは難しいですが、夫婦間でのけじめとして話し合いによる慰謝料の支払いをしてもらうことはできます。

不倫相手、配偶者両方に請求する場合

  1. 配偶者・不倫相手に慰謝料請求
       ↓
  2. 示談で慰謝料の交渉を開始
       ↓
  3. 交渉成立すれば慰謝料の支払いへ
    交渉不成立なら調停→裁判へ

不倫相手が「配偶者が既婚者であると知りながら(あるいは知らないことに過失があって)不貞した」という証拠が必要です。まずは、そのような証拠が手元にあることを確認しましょう。

そして、不貞相手へは内容証明郵便で請求書を送ります。配偶者に対しては、離婚の話し合いを進める中で、慰謝料支払いについての話し合いも進めていきます。配偶者と別居しているケースでは、内容証明郵便で離婚と慰謝料の請求通知を送ることもできます。

配偶者や不倫相手との間で慰謝料の金額や支払方法について話し合い、最終的に折り合いがついたら、その内容に従って慰謝料の支払いを受けることができます。
ただし、この場合、配偶者と不倫相手の支払う慰謝料の金額は「2人合わせていくら」という計算方法になります。二人に慰謝料請求をしたからと言って、慰謝料が単純に2倍もらえるということにはなりません。

さらに、不倫相手と配偶者が結託して対抗手段を講じてくる可能性もあるので、事前にしっかりと証拠を確保し、準備を整えた上で手続きに臨むことが重要です。

ダブル不倫の場合

ダブル不倫とは、不倫している当事者の両方に配偶者がいるケースです。この場合も慰謝料請求は可能ですが、逆に不倫相手の配偶者から自分の配偶者が訴えられたり、慰謝料を請求されたりする可能性があるので、注意が必要です。不倫相手の配偶者が不倫に気づいていない場合に、こちらの慰謝料請求がきっかけで気付かれ、こちらの配偶者に慰謝料を請求されるというようなことが考えられるということです。

ダブル不倫は通常の不倫よりも問題が複雑で、不倫相手に慰謝料を請求しないほうが得だったというパターンもありますので、配偶者と離婚しないのであれば、弁護士などの専門家に相談・依頼するほうが安心です。

上手な慰謝料請求のコツ

配偶者に対する請求の場合、慰謝料と離婚とで選択させる

配偶者が離婚を望んでいる場合、配偶者からの離婚請求を拒絶しながら、こちらが望むだけの不倫慰謝料を支払ったら離婚に応じてあげると言って交渉しましょう。

法律上、有責配偶者(離婚原因について責任のある配偶者)からの離婚請求は認められません。つまり、不倫した配偶者の方から離婚請求することはできないことになっています。離婚するかどうかは、不倫された側の意思にすべてかかっているのです。ですので、配偶者がどうしても離婚したい場合には、相手が望むだけの慰謝料を支払うしかなくなります。

逆に、配偶者が離婚を望まない場合には、慰謝料を支払ってもらう代わりに離婚しないという条件を出すこともできます。

不倫相手に対する請求の場合、二度と関わらないと約束させる

配偶者と離婚しない場合に使える方法です。不倫相手との慰謝料交渉において、「慰謝料を請求しない代わりに、配偶者とは二度と関わらない」ことを約束させるのです。

これによって、同じ不倫相手と再び浮気することを防ぎ、夫婦関係を修復しやすくなります。不倫相手に不貞をわびる謝罪文などを入れてもらうと、こちらの気持ちとしても納得できるでしょう。

もし不倫相手が約束を破って配偶者と連絡を取った場合は、当然慰謝料を請求できることも定めておきます。その際、求償権は行使できないことにしておきましょう。

探偵事務所を比較するなら
「街角相談所 -探偵-」

街角相談所 -探偵-
街角相談所 -探偵-は、全国100社以上の探偵事務所から相談者に最適な探偵事務所をご紹介できる比較マッチングサイトです。
ご紹介する探偵社は、5つの基準をクリアした信頼性の高い探偵社のみ!専属のアドバイザーが親身になって探偵探しをサポートします。
 
カンタン30秒の入力で無料匿名相談!お電話でのご相談も可能です!

関連記事

  1. 浮気・不倫の慰謝料を請求する手順

  2. ダブル不倫における慰謝料請求の注意点と請求方法

  3. DVで離婚する場合の慰謝料請求について

  4. 浮気・不倫の時効について

  5. 未婚の浮気でも慰謝料請求できる可能性はある!諦める前に知っておきたい未…

  6. 浮気・不倫から離婚までに必要な費用ともらえるお金

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 自分でできる浮気調査

  2. 浮気・不倫に関するコラム

  3. 浮気・不倫に関するコラム

  4. 慰謝料について

  5. 浮気調査について

PAGE TOP