自分でできる浮気調査

LINE(ライン)で浮気をする手口とチェックポイント

LINE(ライン)は、いまやスマホユーザーの間では無くてはならない通信アプリとして認知されています。メッセージや写真のやりとりから通話までも無料で気軽に行える便利なアプリですが、これを浮気ツールとして使っている人が多くいるようです。

今回は、LINEで浮気をする手口と、LINEから浮気・不倫の証拠を探すためのチェックポイントについてご紹介します。

LINEが浮気・不倫に最適な理由と手口

ほぼ全てのスマホユーザーが使っている

男女でなくても、人との出会いの場での連絡先を交換する手段として、気軽に「LINE交換しよう」と言って連絡先を交換するケースが増えました。メールや電話番号に比べて、やりとりが不要になったら簡単に相手をブロックしたりできるLINEのIDは、格段に他人に教えやすいようで、合コンや職場でさえも、最初に交換する連絡先はLINEであることが多いです。LINEひとつでメールも通話もできてしまうので、電話番号などを交換することはむしろ少なくなったようです。

はじめに交換したLINEで連絡を取り合ううち、浮気・不倫となっていくこともあるようです。

簡単にトーク履歴を消せる

メールだと、証拠隠滅のためには、相手からの受信メールと相手に送った送信メールのメッセージ1件1件を消していく必要がありますが、LINEの場合は、消したい人とのトーク履歴を一瞬で消してしまうことができます。パートナーに「LINE見せて!」と言われたとき、ロックを解除するふりをしてその場でさっとトークを消してしまうこともできますし、注意深い人だと、LINEでやり取りをするたびに毎回トーク履歴を消している人もいるようです。いざというときの証拠隠滅が簡単なのも、LINEが浮気に使いやすい理由のひとつです。

通話が無料で、通話履歴も簡単に消せる

トーク履歴と同様に、通話履歴も簡単に消すことができます。LINEは、通話履歴がトーク画面にチャットと一緒に表示されるため、トーク履歴を消すと同時に通話履歴も消えてしまいます。

さらに、LINE通話は、どれだけ通話しても無料です。そのため、浮気相手とよく電話をする人には重宝されているようです。

通知をOFFにできる

スマホでLINEメッセージを受信すると、画面に送信者の名前とともにメッセージの一部が表示されますが、これらすべてのメッセージや通話の受信通知を、ロック画面やスマホ操作中の画面に表示させないように設定することができます。さらに、特定の相手からのメッセージだけを通知しないように個別に設定することもできます。つまり、浮気や不倫相手からのLINEだけを通知しないようにすれば、パートナーの見ている前ではメッセージが受信されてもわからず、あとでこっそり確認することができるのです。

また、受信通知のみ表示させて、メッセージと送信者の名前は表示しないように設定するということもできます。この場合「新着メッセージがあります」というメッセージのみが画面に表示されるので、誰からどんなメッセージが来たかはわかりません。

相手の表示名を好きなように変えられる

LINEでは、相手の名前をこちら側のスマホで簡単に変えることができます。たとえば男性の浮気の場合、「あやか」と登録されている名前を「高橋雄介」と変更して、あたかも相手が同性であるように偽装するといったことができるのです。トーク履歴があるのを見ても、名前があきらかに同性だったら怪しむこともありませんし、わざわざ中を確認しようとしませんよね。浮気相手の名前を会社の同僚や同性の友人などの名前に変えておけば、LINEの通知がスマホの画面に表示されるのをパートナーに見られても問題なくできるのです。

浮気相手を友だちリストから非表示にできる

LINEの友だちリストは、いわゆる「アドレス帳」のようなものですが、ここから任意の名前を非表示にすることができます。友だちリストから名前を消し、トーク履歴まで削除しておけば、パートナーにLINEの画面を見せても浮気相手の痕跡に気づくことはほぼありません。

ブロック機能で完全に浮気相手を見せなくできる

友だちリストから浮気相手を非表示にしたり、名前を変えたり、トーク履歴を消していても、パートナーにスマホを見られているタイミングで「次いつ会える?」「昨日は楽しかった!またデートしようね」なんてメッセージが届いてしまえば、言い逃れは難しいでしょう。用意周到な人はそれを防ぐために、浮気相手をブロックしてしまうのです。こうすると、ブロックしている間、相手からのメッセージを受信することはありません。

さらに、ブロックをするとブロックリストという一覧画面に相手の名前が載るのですが、厳重な人はこのブロックリストからも浮気相手の名前を消去し、完全に浮気の痕跡をなくします。疑われている間他の連絡手段で連絡をとり、ほとぼりが冷めるとブロックを解除して、またLINEでやりとりを始めるのです。

LINEで浮気チェックをするためのポイント

スマホの置き方

あなたのパートナーは自分のスマホを机などに置くとき、画面を上に向けておきますか? 下に向けておきますか?

一般的には、画面が傷つかないよう、画面を上に向けてスマホを置きます。何か通知が来た時もぱっと確認することができるので、そのほうが便利な置き方です。

しかし、浮気や不倫をしている人は、逆向き、つまり画面を下にして机の上においてしまう人が多いです。これは、パートナーに通知の内容や相手の名前を見られたくないために、習慣でそうしてしまうようです。何気ないことですが、よく考えればとても不自然ですよね。

一緒にいれば、机の上にスマホを置くような機会は幾度となくあるはずです。その際にいつも画面を下にしてスマホを置く場合、怪しいと言えるでしょう。

LINEの通知がきたときの行動

パートナーがあなたの前でスマホを使っているときの様子をチェックしましょう。

  • 着信音が鳴っても、画面をすぐに確認しようとしない
  • LINEの通知を見ても、その場で開かない
  • LINEでメッセージがきたときに画面を隠す

このような行動があれば、怪しいと思ったほうが良いでしょう。普通、LINEの通知がきたら、急ぎの用事でなくても内容を確認するはずです。画面を隠したりするのは、見られたくない内容や後ろめたいことがある証拠です。

スマホのホーム画面やLINEにロックをかけているかどうか

パートナーがお手洗いやお風呂に行っている間や寝ているときなど、パートナーのスマホを自由に触れるときに、スマホ自体にロックをかけていないかどうかを確認しましょう。かかっていない場合、LINEのアプリアイコンをタップして、同じくLINEにロック(パスコードの設定)がかかっていないか確認しましょう。

スマホ自体にロックをかけるのは、セキュリティの観点からもむしろ推奨すべきことなのですが、LINEにロックがかかっている場合は、浮気をしている可能性があります。

警戒心の強い人なら、単にセキュリティのためにかけている場合もあるかもしれませんが、普通はLINEにまでロックをかけることはしません。LINEを開こうとするたびに、スマホのロックを解除した上でさらにLINEの4桁のパスコードを入力する必要があり、かなり面倒になるからです。

もしくは、スマホにはロックがかかっていないのにLINEにだけロックがかかっているということであれば、なおさら怪しいと言わざるをえません。LINEだけは見られたくないということに他ならないからです。

この方法はプライバシーの侵害であり違法となる場合がありますので、試したい場合は自己責任でお願いします。また、ロックがかかっていた場合、間違っても無理やりロックを解除しようとはしないでください。違法となる上、入力試行回数によっては制限がかかり、勝手にスマホを見ようとしたことが相手にバレてしまいます。

スマホの通知画面からLINEの通知を確認する

こちらはまずバレることもなく、安全にチェックできる方法です。ロック画面で画面上部を上から下にスワイプさせると、通知画面が表示されますので、そこからLINEの通知があるか確認しましょう。新着通知があれば、メッセージ内容の一部が確認できますので、怪しいメッセージがないかチェックすることができます。ここで通知を見ても既読がついたりしませんので、安全に浮気チェックすることができます。

トーク履歴を確認する

ここからは、パートナーの了承の上でLINEを見せてもらえることが条件となります。

LINEを見ることができた場合、まずはトーク履歴を確認しましょう。友だちの名前やトーク内容を確認し、浮気相手とのデートの計画や、「愛しているよ」「好きだよ」「次はいつ会える?」といった怪しい内容がないかどうかをくまなくチェックしましょう。浮気や不倫と思われる内容が書かれていた場合は必ずあなたのスマホで写真を撮って、証拠を保存しておくようにしましょう。

スクリーンショットだとデータの改ざんが容易なため、証拠としての効力が弱くなります。スクリーンショットではなく、スマホ本体ごと、画面が確認できるよう写真におさめるようにしましょう。

ただし、LINEを見せてもらえるような状況であれば、怪しいトークは削除され、このようなログが残っている可能性は低いですので、次からご紹介する方法で浮気の痕跡を見つけていきましょう。

トーク履歴が削除された痕跡がないかチェック

LINEのトーク履歴は、最新でやりとりをした順に並ぶようになっています。トーク履歴が上の方にあるのに、トーク内容を見ると少ししか履歴が残っていなかったり、会話が不自然に始まっていたりしたら怪しいです。あなたに見られたくないような内容をやりとりをした後に、履歴を削除した可能性があります。

通話履歴を確認する

下のメニューから通話履歴を確認しましょう。メニューに「通話」がない場合、「その他」→「設定」→「通話」から、通話とニュースタブ表示を切り替えることができ、ここで切り替えることで「通話」タブが出ます。トークに表示されている発着信履歴のみ削除していて、この通話履歴の削除を忘れている可能性もあります。

個別に通知をオフにしている友だちがいないかチェック

トークの右上にある[∨]ボタンをタップして、通知がオフになっていないかどうか確認しましょう。他の人は誰も通知をオフにしていないのに、その友だちだけ通知がオフになっている場合、かなり怪しいと言えます。トーク一覧画面で、友だちの名前の後(右)に「メガホンに斜線がついたようなアイコン」がついていれば個別に通知をオフにしている印ですので、そこからも確認することができます。

非表示リストを確認

非表示リストに追加すると、トークはできますが、友だちリストに表示されなくなります。トークはするものの友だちリストには表示したくない人、ということは、非表示リストに追加されている人は浮気・不倫相手である可能性が高くなるのです。非表示リストに名前がある場合も、あなたのスマホで写真をとっておくと良いでしょう。

非表示リストは「その他」→「設定」→「友だち」→「非表示リスト」から確認することができます。

LINEの通知の状態を確認

スマホの「設定」から、LINEの通知状況を確認しましょう。LINEの通知がオフにされていた場合、怪しいと言えるでしょう。メッセージが来たことを知らせるこの通知を消すととても不便になるにも関わらず、わざわざ通知をオフにしているというのは、何かしら他人に見られたら困ることがある証拠です。

「アルバム」「ノート」をチェック

LINEには、友だちやグループごとに「アルバム(写真を保存しておける機能)」と「ノート(メッセージやメモなどを残しておける機能)」があります。怪しいと思われる人物とのトーク画面右上の[∨]ボタンをタップして表示されるメニュー画面から、アルバム・ノートをチェックしましょう。トーク履歴は消していても、アルバムやノート機能のことは忘れていて、浮気相手と二人で写った写真などが出てくるかもしれません。

トーク履歴を削除されても最後のやりとりがいつ頃あったのかは確認できる

浮気相手と思われる人とのLINEのトーク履歴を消されてしまった場合でも、いつごろLINEで連絡を取り合っていたのかを確認できる方法があります。

まず、トーク一覧画面に浮気相手と思われる人の名前がないかどうかを確認しましょう。表示されていなければ、その名前を友だちリストから探し、「トーク」をタップします。すると、白紙のトーク画面が表示されます。そのままトーク一覧画面に戻りましょう。この人と過去にやりとりをしていた場合、トーク一覧画面のどこか、さっきまでは表示されていなかった場所にこの人の名前が表示されます。

ここでのポイントは、トーク内容を消しても、過去にトークをしていたなら、一覧表示される順番は変わらないということです。トーク一覧は最新順で並んでいるため、その上下の人とやりとりしていた時間を見れば、だいたいいつやりとりをしていたかがわかるのです。つまり、下の人より後、上の人より先の時間に最後のやりとりがあったということです。

まとめ

浮気相手とスマホやLINEでやりとりをしている可能性はとても高いので、そこから浮気の情報や証拠をつかむことができる可能性は大いにあります。LINEはとても便利なアプリですが、その反面、浮気にも便利なツールとなっています。怪しいトークなどの証拠は消されていることが多いので、今回ご紹介したようなチェックポイントから、浮気をしている様子がないか探っていきましょう。

プライバシーの観点から自由にスマホを確認することは難しい上、証拠を消されている可能性も高いので、実際に浮気の証拠をつかむのは難しいかもしれません。明らかに浮気をしている様子があれば、探偵に相談して証拠をつかみましょう。

探偵事務所を比較するなら
「街角相談所 -探偵-」

街角相談所 -探偵-
街角相談所 -探偵-は、全国100社以上の探偵事務所から相談者に最適な探偵事務所をご紹介できる比較マッチングサイトです。
ご紹介する探偵社は、5つの基準をクリアした信頼性の高い探偵社のみ!専属のアドバイザーが親身になって探偵探しをサポートします。
 
カンタン30秒の入力で無料匿名相談!お電話でのご相談も可能です!

関連記事

  1. 浮気調査に使うGPSの選び方

  2. 浮気や不倫によく使われるアプリまとめ(後編)

  3. 車内で使うICレコーダーの失敗しない選び方

  4. 浮気や不倫によく使われるアプリまとめ(前編)

  5. 浮気や嘘を見破るための質問とポイント

  6. 携帯(スマホ)から浮気の証拠を集めるには

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 浮気・不倫に関するコラム

  2. 浮気調査について

  3. 自分でできる浮気調査

  4. 浮気・不倫に関するコラム

  5. 慰謝料について

PAGE TOP