自分でできる浮気調査

ICレコーダーを使った浮気調査の方法と設置場所

ICレコーダーが、自分で行う浮気調査にとても役立つということをご存知でしょうか。

ICレコーダーは、家電量販店などで簡単に手に入り操作も難しくない上、パートナーにバレないように設置・回収ができれば浮気の情報や証拠を掴むことができる優れたツールなのです。

今回は、ICレコーダーを使った浮気調査についてご紹介します。

ICレコーダーを使った浮気調査のメリット

ICレコーダーは、音声を電子的な信号に変換し、内蔵した半導体メモリ内にデータとして保存する装置です。「ボイスレコーダー」「ボイスメモ」などとも呼ばれ、主に会議やインタビューなどのビジネスシーンや、授業、語学学習、楽器演奏の録音などで使用されます。

不倫・浮気調査のために使えるのはもちろん、離婚の話し合いや浮気の自白時の録音にも使えるので、1台は持っていて損はないでしょう。

ICレコーダーを使って浮気調査をするメリットについてあげてみます。

張り付く必要がなく、後からゆっくり内容を確認できる

浮気調査に盗聴器を使う方法もありますが、盗聴器は、盗聴器が発信する電波を受信機で受信して盗聴するもので、リアルタイムで相手の会話を聞くことができます。ですが、浮気調査の場合、必ずしもリアルタイムで聞いている必要はないですよね。むしろ、データを回収してから後で一人の自由な時間などにゆっくり内容を確認できたほうが便利だと言えるでしょう。

確実性の高い詳細な情報収集ができる

他にもGPSによる追跡調査で浮気の情報収集をする方法もあります。残業で遅くなると言っていたのにラブホテルに行っている・・・といった具合ですね。浮気をしているであろう情報は手に入りますが、GPSではあくまでも場所の情報しか得ることができません。ICレコーダーであれば、実際に対象者と浮気相手が会話している生の声が手に入るため、より確実性の高い詳細な情報収集ができます。

2人が会う約束の情報がわかれば、ピンポイントで調査ができ調査費用を安く抑えることが可能です。会う予定までわからなくても、浮気相手の情報がある程度あればよりスムーズに調査が進むでしょう。

ただし、音声のみでは証拠としては弱く、「言っていただけ」などと言い逃れられてしまう可能性もあります。離婚や慰謝料についての話し合いや裁判を有利に進めるためには、「写真や映像」による不貞の証拠が必要になってくるでしょう。

これらは自分で用意するのは難しいので、多くの場合探偵や興信所に依頼することになります。「街角相談所 -探偵-」なら、弁護士事務所と提携した信頼性の高い探偵社の中から、あなたにぴったりの探偵社を専属のアドバイザーが紹介してくれるので便利です。

浮気相手の情報が詳細に手に入る

ICレコーダーで浮気相手との会話の録音に成功すれば、相手の声や会話内容など、相手に関する情報が多く入ってきます。会社の人間なのか、どのような人物なのか、など浮気相手をある程度特定できる情報も手に入るはずです。自分の知っている人物の場合、声から誰なのかわかるケースもあります。

手軽でリスクが少ない

ICレコーダーを仕掛けておくだけなので、尾行のように難しくありません。また、様々な形やサイズのものがあり、一見ボイスレコーダーだとわからないようなものもあるので、バレにくいのもメリットです。最悪機材を見つけられたとしても、ICレコーダーを持っていること自体は不自然ではありませんし、「そんなところにあったんだ、探してたんだ」といった具合にごまかすこともできるでしょう。

ICレコーダーのおすすめの設置場所

浮気調査のためICレコーダーを仕掛ける場所はいろいろあります。相手の行動範囲や生活スタイルに合わせて選びましょう。絶対に見つからないような場所かつ、音声がしっかりと拾える場所を選ぶことがポイントです。

車の中

対象者が普段移動に車を使用している場合は、浮気相手と二人で車に乗っていたり、電話や不貞行為をするときに、家の中ではなく、あなたの目の届かない車を利用していることも考えられます。車の中にICレコーダーを忍ばせれば、二人の会話だけでなく不貞行為を行っている音声も押さえられるかもしれません。

車の中でICレコーダーを設置するのにおすすめの場所は、助手席の下です。マイク側を前にし、ずれないようガムテープなどでしっかりと固定しましょう。ずれてしまうとノイズの原因になりますし、車が動いた際に滑って出てきてしまったり、車内の掃除中に見つかってしまう可能性が高くなります。

パートナーの部屋や書斎、仕事部屋のようなプライベート空間

自宅にパートナーの個室のようなプライベート空間がある場合は、そこで浮気相手に電話をしている可能性が高いです。ベッドの下やデスクの裏など、見つかりにくい場所に設置してみましょう。

パートナーのかばんの中

バッグの形状や大きさにもよりますが、かばんの底やサイドポケットの中などがおすすめです。ハンカチにくるんだりして、なるべく気づかれないように仕込みましょう。もし気づかれる可能性が高そうであれば避けるべきです。

マイク部分がふさがれやすいので、できるだけ高音質で、布擦れ音などのノイズを減らすためになるべくICレコーダーを固定するようにしてください。ノイズキャンセルや音声自動調節機能がついた機種を使用することをおすすめします。

留守中の家の中

浮気の可能性が極めて高い場合は、あえて家を留守にして浮気を誘発するという方法があります。帰りが遅くなると言ったり、出張や友人と旅行に行く振りをして、相手を家に一人の状態にし、行動を監視するのです。あなたがいないことをいいことに、浮気相手に堂々と電話をしたり、家に連れ込んだりする可能性が高くなります。

その際、寝室やリビングなどにICレコーダーを忍ばせておけば、浮気相手との会話や密会の事実など浮気の証拠を掴むことができるでしょう。もし寝室などでの不貞行為の証拠を掴めれば、音声であっても証拠能力は高くなります。リスクが低く、データの回収もしやすいのがポイントです。

椅子やソファーの裏側や隙間、机やテーブルの下、本棚、ベッドの裏側など、隠し場所は多いです。座れる場所、腰を落ち着けて喋ることができる場所を選ぶと良いでしょう。ボールペン型やスティック型などの極小・超小型のボイスレコーダーでも、車内や外と違ってノイズの少ない家の中なら選択肢に入れやすいので、より安全に浮気の証拠集めができます。

ICレコーダーを買ったらまず操作の練習を

あわてると操作を間違えてしまい、大切な録音データを消してしまうなんてこともあるかもしれません。ICレコーダーを購入したら、まず操作の練習をしておきましょう。録音モードも様々なので、高音質のPCMモードやステレオ録音がいいのか、音質は下がりますが録音時間を長くできるモノラルMP3録音でも大丈夫なのか試してみてください。

一般的なICレコーダーであれば、ステレオMP3-128kbpsあたりの設定がおすすめです。音質の悪いモノラル32kbpsや8kbpsは、車内では特にロードノイズでほとんど音声は聞き取れないと思ってください。車内で使用する場合はローカットフィルターやノイズカットは入れた方が良いでしょう。音声起動等、仕込む前に必ず試してみてください。

浮気調査でのICレコーダーによる盗聴の違法性

相手に無断で録音することがプライバシーの侵害にならないか、逆に訴えられたりしないか、という点が心配な方もいらっしゃるでしょう。確かに盗聴と同じことと言えばそうなので、法的にはグレーゾーンであると言えます。

相手に何も疑いがない状態で会話を録音することはもちろんいけませんが、浮気の疑いが濃く、相手の不法行為を証明するための調査目的であれば、設置目的に合理性があり罪に問われることはありません。実際に訴訟の際に証拠としてボイスレコーダーで録音した音声を提示するケースも増えています。

ただし、相手から不法行為として賠償請求を受けたら、賠償責任を負うことになる可能性があります。しかし、不貞行為の確認という目的のための盗聴なので、賠償するにしても微々たる金額でしょう。

録音すること自体は違法ではありませんが、録音する場所には注意が必要です。例えば、会社の中など守秘義務が発生するような場所や録音が禁止されているような場所での録音、他人の敷地に不法侵入して車に仕掛けるなどの行為は不法行為ですので、刑法に抵触し罰せられます。加えて、刑法に抵触する行為により取得した証拠は棄却される可能性が高いです。設置場所には十分注意しましょう。

まとめ

ICレコーダーによる録音音声のみでは証拠として弱いですが、浮気の実態について多くの情報を集めることができ、探偵に依頼する際もピンポイントで調査できて費用を抑えることができます。また、状況証拠としては有用で、他の証拠の補強などの使い道もあります。

一般的には、ICレコーダー等から得られた情報を利用して探偵に依頼し、不貞の決定的瞬間を押さえるという流れになります。

探偵事務所を比較するなら
「街角相談所 -探偵-」

街角相談所 -探偵-
街角相談所 -探偵-は、全国100社以上の探偵事務所から相談者に最適な探偵事務所をご紹介できる比較マッチングサイトです。
ご紹介する探偵社は、5つの基準をクリアした信頼性の高い探偵社のみ!専属のアドバイザーが親身になって探偵探しをサポートします。
 
カンタン30秒の入力で無料匿名相談!お電話でのご相談も可能です!

関連記事

  1. 浮気や不倫によく使われるアプリまとめ(後編)

  2. 浮気や嘘を見破るための質問とポイント

  3. 浮気や不倫によく使われるアプリまとめ(前編)

  4. 携帯(スマホ)から浮気の証拠を集めるには

  5. 浮気調査に使うGPSの選び方

  6. LINE(ライン)で浮気をする手口とチェックポイント

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 浮気・不倫に関するコラム

  2. 浮気・不倫に関するコラム

  3. 自分でできる浮気調査

  4. 浮気・不倫に関するコラム

  5. 慰謝料について

PAGE TOP