浮気調査について

浮気調査の料金を安くする方法(前編)

依頼人の状況によって探偵社に依頼する調査内容が大きく変わるため、浮気調査の料金相場はかなり幅があります。少しでも安く済ませたい、と思うものですよね。

浮気調査の価格を安くおさえるためには、いくつかのポイントがあります。これらを組み合わせることで、料金を大幅に安くおさえることができます。

今回は、前・後編の2ページにわけ、浮気調査の料金を安くする方法についてご紹介します。

見積もりを複数社からとる

最も効果的なのが、費用の見積りを複数社からとることです。浮気や不倫調査の調査料金に影響を与える要素で一番大きいのは、「どの探偵事務所を選ぶか」です。浮気調査の料金は、依頼する探偵事務所・興信所によって大きく異なります。全く同じ調査依頼・調査内容であっても、数十万円の差が開くということはよくあります。

浮気の調査力は、調査費用に比例しません。高い金額を支払ったからといって、調査結果がその分よくなるわけではないということです。

浮気調査の料金は、その多くが「広告費」と「調査員の人数」と「1時間あたりの料金」に依存します。そのため、大手探偵社ほど依頼内容に対して調査費用が高額になる傾向があります。

1社に調査依頼をするのではなく、事前にできるだけ複数社に調査費用の見積り依頼を行いましょう。

電話や匿名査定で、簡単一括お見積り

街角相談所 -探偵-」は、悪質な探偵社・興信所とのトラブルをなくすため、厳正な審査をクリアした探偵社のみをご紹介している比較マッチングサイトです。提携探偵社はすべて、弁護士事務所と提携した信頼性の高い探偵社のみ。専属のアドバイザーがお悩みをお伺いし、一括見積りの上、あなたにぴったりの探偵社をご紹介いたします。

優良業者に調査を依頼する

たとえ、見積もりの段階でどれだけ安い金額を提示されていたとしても、話を進めるうちにあれこれと理由をつけて調査期間を延長されたり、追加料金を請求されては意味がありません。

闇雲に調査期間を延ばしたりせず、親身になって話を聞いてくれる探偵事務所を選びましょう。そういった探偵は、依頼人からじっくりと対象者の情報を聞き出し、ピンポイントで必要な人数・時間だけで調査を行うため、調査費用をグッと安く抑えることが出来るのです。

しかし、探偵事務所が優良な業者なのかどうかの判断は大変難しいのが現状です。自分が浮気されたときのことをわざわざインターネット上に書く人は少ないので、口コミなどがあまりないのです。たまに口コミらしき書き込みがあっても、探偵事務所による自作自演のステマが大半です。かといって1社1社に話を聞いてまわるのは大変なもの。

「街角相談所 -探偵-」なら安心

街角相談所 -探偵-」なら、すべて5つの厳しい審査基準をクリアした探偵社ですので、安心して相談することができます。専属のアドバイザーが親身になってお話をお伺いします。

対象者についての情報をできるだけ詳しく伝える

無事探偵社が決定し、調査を依頼する時は、調査対象者(パートナー)の情報をできるだけ詳しく具体的に探偵に伝えましょう。

名前、年齢、性別、住所はもちろん、身長、体重、顔写真、服装、口癖、乗っている車種、車のナンバー、よくある行動パターン、よく行く場所やお店、携帯電話の種類、電話番号、職場、通勤時に使う駅、自宅の最寄り駅などなど、探偵が調査対象者を特定するのに時間がかからないよう、あらゆる情報を伝えましょう。そうすることで調査時間が短縮され、調査費用を安く抑えられます。

特に重要な情報について解説していきます。

顔写真

あなたにとっては調査対象者はパートナーであり見慣れた人物ですので、もちろん、人混みに紛れていても見分けがつきますね。しかし、探偵にとって調査対象者は会ったこともない他人です。そのため、顔写真は非常に重要な情報になります。「面取り」といって、目の前にあらわれた人物が本当に調査対象者なのかを確認したり、人混みの中から対象者を探し出す際に、顔写真が必ず必要になります。

面取り」は、対象者の顔を確認し、本人かどうかを判断する重要な技術です。これに失敗すれば当然、いくら優れた調査力をもっていても調査は失敗してしまいます。

面取りは基本的には目視で行いますが、状況によって双眼鏡や単眼鏡などが使用されます。いかに対象者の顔を覚え、それと合致した人物を見つけ出せるかが鍵で、主に「目」「鼻」「耳」といった、加齢や体型の変化に影響を受けず、化粧やマスクで隠れることもない部位を使って見分けます。

住所

あなたと調査対象者が同居していない場合、対象者の住所も非常に重要です。住所を把握することは、浮気調査の費用を安く抑えるのに非常に役立ちます。

もし、対象者の住所がわからず、職場についてしか把握していない場合、相手が何時に、会社のどの出口から出てくるかを事前に把握しておかなければなりませんが、それは困難なことです。いつどこから出てきてもいいように張り込んでおかなければならないため、当然、調査に必要な探偵の人数や調査時間が増えます。

自宅の住所がわかっていれば、対象者は必ず自宅のドアから出てくるということがわかるため、調査に必要な探偵の人数も時間も減らすことができます。結果的に、調査費用を安く抑えられます。

対象者の移動手段をできるだけ詳しく伝える

浮気・不倫調査の多くは尾行による調査ですので、対象者の移動手段の把握が、調査費用の削減に大きな効果を発揮します。尾行中に調査対象者を見失うわけにはいきませんので、あらかじめ移動手段を用意しておかなければなりません。

そんなとき、例えば「調査対象者が車やバイク、自転車を持っておらず、乗ることもない」といった情報が事前にあれば、尾行のための車両を準備する必要がなくなり、かつ安全に尾行を行うことができます。逆に、「たまに自動車やバス、タクシーで移動する」ということがわかっていれば、対象者の移動手段が急遽変わった場合にも対応することができます。

パートナーが普段車移動をしているのか、またはバイク移動なのか、電車やバスであれば何時頃どの路線を使うのかなど、把握している情報を全て伝えましょう。調査を短時間で確実にでき、無駄な調査費用をおさえることができます。

調査対象者の移動手段別に、事前に知っておきたい情報をお伝えします。

徒歩で移動する場合

対象者が徒歩で移動する場合、何時頃どの道を通るのかを把握しておきましょう。例えば、家を朝9時に出て、15分ほど歩いて職場に到着する、というような決まった移動をする場合、そのルートと出発時間・到着時間を記録しておきましょう。そうすることで調査時間が短くなりますし、事前にある程度隠れられるような場所の目星をつけておくことができるため、尾行調査がやりやすくなり、調査の成功率も上がります。

電車で移動する場合

対象者が電車で移動する場合、以下のことを把握しておけると良いでしょう。

  • どの駅のどの入り口から駅に入るのか
  • どの改札を使うのか
  • 駅のホームの、どのあたりの位置から電車に乗車するのか
  • 乗り換えに使う路線・駅はどこか
  • 降車駅のどの出口から出るのか

浮気調査のための尾行では、通勤時間や帰宅ラッシュ時に調査対象者を尾行することが多くなります。対象者がサラリーマンの場合、周りのサラリーマンと同じようなスーツをきて出勤・帰宅することが多いため、尾行時に人混みに紛れて見失ってしまう可能性が高くなります。事前に上記の情報を把握しておくことで、調査対象者を見失い、調査時間を無駄に消費する可能性が低くなるため、調査費用を安く抑えることができます。

バスで移動する場合

対象者がバスで移動する場合、以下のことを把握しておきましょう。

  • 何時にどのバス停から乗車するのか
  • どこ行きのバスに乗車するのか
  • 車内でいつもどのあたりに座るのか
  • 何時にどこのバス停で降車するのか

タクシーで移動する場合

対象者がタクシーで移動することがわかっている場合、どのあたりでタクシーを拾い、どこで降りるのかを把握しておきましょう。出退勤にタクシーを利用している場合、大抵タクシーに乗り降りする時間や場所は決まっているはずです。また、もし毎回同じタクシー会社を利用しているようなら、合わせて把握しておくと良いでしょう。尾行をする際、タクシー会社がわかっていれば、見失う可能性を減らすことができます。

自転車で移動する場合

対象者が自転車で移動する場合、必ず使っている自転車の写真を撮っておきましょう。ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの場合は、色やメーカー名も把握しておきましょう。通勤や通学に使うルートも、Google Mapなどのウェブサービスを使って記録しておくと良いでしょう。

車・バイクで移動する場合

対象者が車やバイクで移動する場合、下記の情報を集めておきましょう。

  • 車・バイクの写真(ナンバープレートも撮っておきましょう)
  • ナンバー
  • メーカー名
  • 車種名
  • 種類(形や特徴など)
  • 移動するルート
  • 車・バイクをいつも停めている駐車場の場所

関連記事

  1. 浮気調査を探偵以外の一般人が行ってはいけない理由

  2. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?

  3. 探偵事務所の浮気調査って具体的に何をするのか?

  4. 浮気調査にかかる費用の相場と料金体系

  5. 浮気調査の料金を安くする方法(後編)

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 自分でできる浮気調査

  2. 浮気・不倫に関するコラム

  3. 浮気調査について

  4. 自分でできる浮気調査

  5. 自分でできる浮気調査

PAGE TOP