浮気調査について

浮気調査にかかる費用の相場と料金体系

探偵や興信所に浮気調査を依頼した場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか? あまり想像もしにくいですし、高額な料金を請求されそう・・・というイメージをお持ちの方も多いと思います。

実際に、依頼人の状況によって調査内容が大きく変わるため、浮気調査の料金相場はかなり幅があります。少しでも安く済ませたい、と思うものですよね。

今回は、浮気調査にかかる費用の相場と浮気調査の料金体系についてご紹介します。

浮気調査にかかる費用の相場

基本的に、調査を依頼する期間が長いほど料金が上がります。多くの探偵事務所では、時間や日数あたりの料金で計算をしています。

一般社団法人東京都調査業協会が2005年に東京都内の探偵事業者に行ったアンケート調査によると、調査費用の平均金額は、調査員2名の場合で1時間あたり「1.5万円〜2万円前後」となっています。

15,000〜20,000円(1時間あたり)× 20時間(4時間 × 5日間) = 25〜40万円

一回の浮気調査におよそ5日間(20時間)かかるものとすると、総額の相場は「25万円〜40万円」になります。

しかしこれは相場ですので、依頼人の状況によって金額は大きく増減します。実際にかかった費用の実例をあげてみます。

浮気調査の費用例

調査期間 3日 10時間 2日 3日 5日
料金 21万円 60万円 18万円 50万円 35万円

こうして見ると、期間と費用のバランスがバラバラなのが分かるかと思います。
この理由をご説明していきます。

浮気調査の費用が増減する理由

依頼人の状況次第で大きく変わる

依頼人の状況次第で、調査期間や調査内容、集める証拠などが大きく変わるのが一番の理由です。調査期間は特に料金に大きく影響してきます。

例えば、パートナーが本当に浮気しているかも分からないような場合、怪しい時間や場所を絞った調査ができないので、長い期間調査を行わなければならなくなります。
一方、自分である程度調べが進んでいた場合には、何曜日のこの時間帯が怪しいなど探偵に伝えることができ、ピンポイントでの調査が可能になり、結果料金が安くなります。

特に掴んでおきたい内容① 浮気相手といつ会っているのか
② 密会でよく使っている場所
③ パートナーの普段の行動範囲

不明瞭なまま探偵に依頼すれば、その分料金が上がってしまうので、料金を抑えるための基本的なポイントとして、できるだけ自分で調べることはとても重要です。しかし、相手に見つかれば全てが台無しになるので無理は禁物です。

最終目的をどこにするかでも変わる

期間だけでなく最終的な目的によっても変動します。パートナーが本当に浮気をしているかどうかを確認するだけの場合と、しっかり証拠を押さえて慰謝料請求もしたいという場合では、調査費用が大きく変わるということです。単純に、難しい依頼をするほど料金は上がる、と考えて良いでしょう。

パートナーの浮気の真偽だけ確認したい場合

浮気相手と会っている証拠を押さえればいいので、1、2回の調査で済むことが多くなります。相場は「10~20万円」です。

不貞の証拠を押さえて慰謝料を請求したい場合

不貞を証明する条件となる複数回の証拠を押さえる必要があるので、その分調査回数も増え、調査料金が上がります。相場は「30~40万円」です。

証拠を押さえた上で、相手の住所など詳細を知りたい場合

上記の調査に加えて相手の住所や勤務先など個人情報について調べる必要があるので、さらに料金が上がります。相場は「50万円前後」です。

各社の料金システムでも変わる

料金システムの違いを説明する前に、そもそも調査の料金はどのように決まるのかを解説します。

まず、料金を決める要素として、人にかかる費用、物にかかる費用、契約関係の費用があります。

  • 人というのは探偵(調査員)のことです。人件費や、危険手当や深夜早朝などの手当、依頼成立時に支払う着手金などがあります。
  • 物というのは車やバイクの車両費、ガソリン代、高速代、駐車料金、撮影機材など、調査に使うものすべてにかかる費用です。
  • 契約関係というのは、調査の結果に応じて支払う成功報酬金や、報告書などの書類作成費、その他事務手数料などです。

成功報酬は取らない代わりに調査の諸経費がすべて別払い、提示している調査料金にすべてを含むかわりに契約金の80%の成功報酬が必要など、探偵事務所によって、それぞれの費用にどの項目を含むかが異なっています。浮気調査の料金システムを決める上で、細かい取り決めや規則などはなく、各社がそれぞれ料金体系を設定しているためです。

調査経費に含まれるもの

調査費用の中に「経費」というものがありますが、これは、調査に必要な車両代や、高速道路の使用料、駐車場代、店舗へ入る必要があれば飲食店代などが含まれます。遠隔地への出張が必要な場合は、それにかかる交通費や宿泊代も含まれます。ただし、予期せぬ経費が必要な場合は、事前に探偵から依頼人に必ず確認が入るはずですので、その際に確認してください。

追加料金について

探偵社でいうところの追加料金とは、調査費用で行える調査の範囲をはみ出した分の調査を行うため、その分の費用を依頼人から頂くことを言います。

浮気調査を依頼する場合、依頼の前に調査員を何名使い、何時間の調査をするかによって料金が決定してから契約をします。しかし、調査の最中に浮気相手が発覚したものの、調査終了予定時刻にはまだ食事中で、肝心の不貞行為の証拠となりえるようなラブホテルへの出入りが撮影できていないというような状況が発生することがあります。この場合、調査を延長して不貞の証拠をおさえるためには追加料金が必要になります。

また、契約期間内に浮気相手と一度も接触しなかった場合、どうしても浮気相手との接触している証拠が欲しければ、この場合も追加料金を払わなくては調査を継続することが出来ません。

追加の調査が必要となる場合は、事前に探偵から確認があります。
勝手に調査が延長されて、追加料金が発生することはありません。

悪質な探偵社に注意

すべての業者がホームページや広告物に書いてある通りの料金とは限らず、悪質なところでは予期せぬ料金追加項目があったり、調査員を増やすことで総額を上げたりといったケースもありますので、契約の際は注意が必要です。

浮気調査の料金体系と、おすすめパターン

浮気調査には、主に3つの料金体系のパターンがあります。それぞれ特徴があり、依頼する浮気調査の内容や状況によって、どの料金体系を選ぶべきかが変わってきます。

料金体系3パターン

時間料金型

最も採用されている数の多い料金体系になります。1時間調査員1名あたりの料金が決まっており、調査員の人数と時間をかけあわせた金額が、調査費用になります。調査費用の総額がわかりやすいのが特徴です。

パック料金型

各探偵事務所が独自に、「10時間パック◯円・20時間パック◯円・30時間パック◯円」といった形で、調査費用・経費・調査報告書作成費などを全て含み、一律のパック料金として提供しているものです。調査費用が一目見てわかりやすく、1時間あたりの料金が安く設定されている場合がほとんどなので、お得な料金体系と言えます。ただし、パックの時間を大幅に残して必要な証拠が手に入り、早く調査が終わってしまった場合には、割高になってしまう場合もあります。

成功報酬型

依頼時に着手金を支払い、対象者が浮気をしているかどうかが判明した場合にのみ、「成功報酬」という形で料金が発生する料金体系です。もし浮気をしているかどうかが判明しなかった場合は成功報酬が発生しないのであれば、お得な料金体系にも思えますが、浮気調査ではあまりおすすめできません。

というのも、成功報酬型での浮気調査の場合、調査会社によっては、「浮気をしていないということがわかったので成功」というような形で成功報酬を請求される場合があるからです。もし成功報酬型で浮気調査を依頼する場合は、事前に「何をもって成功するのか」をしっかりと決めておき、調査終了後にトラブルにならないようにしましょう。

おすすめの料金体系

浮気をするであろう日が予測できている場合

浮気をするであろう日や怪しい時間帯がわかっている場合、時間料金型がおすすめです。そのタイミングに合わせてピンポイントで浮気調査を行うことで、調査費用を安く抑えることができます。

いつ浮気をするかがわかっておらず、情報が少ない場合

ある程度まとまった期間の浮気調査をする必要があるため、パック料金型がおすすめです。1時間あたりの料金がお得になっているため、時間料金型よりも安くおさえることができます。

関連記事

  1. 浮気調査を探偵以外の一般人が行ってはいけない理由

  2. 浮気調査の料金を安くする方法(前編)

  3. 探偵事務所の浮気調査って具体的に何をするのか?

  4. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?

  5. 浮気調査の料金を安くする方法(後編)

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 自分でできる浮気調査

  2. 不倫裁判について

  3. 浮気・不倫に関するコラム

  4. 浮気調査について

  5. 浮気・不倫に関するコラム

PAGE TOP