浮気・不倫に関するコラム

LINEの盗み見は違法?不正アクセス禁止法とは

パートナーが、最近浮気をしているようで怪しい。ふとスマホの画面が光ったのを見たら、知らない異性からの連絡が・・・そして、ついLINEを勝手に見てしまった! なんていうのは、よく聞く話です。

最近は浮気相手とスマホを使ってLINEなどで連絡を取っていたり、アプリで繋がっていたりと、便利な反面、浮気にはもってこいのツールともなってしまっています。スマホやPCなどのネット端末から浮気の証拠が見つかるケースは多いため、浮気していないかのチェックや、浮気の証拠を集めるために、パートナーのスマホなどをこっそり覗き見してしまった経験のある人は少なくないでしょう。

ですが、実はこれ、「不正アクセス禁止法」という法律に反する可能性があるんです。法に触れてしまったとなれば、相手への慰謝料請求どころか、逆にこちらが罪に問われてしまう可能性も。

今回は、この不正アクセス禁止法についてご紹介します。

不正アクセス禁止法とは?

「不正アクセス禁止法」は、コンピューター(端末)を利用した犯罪やそれを助長する行為を防ぎ、高度情報通信社会の健全な発展を目指すために施行された法律です。「不正アクセスをする人に対する規制」と「アクセス管理者による防御対策」の2つの側面から、不正アクセス行為の防止を図るものとなっています。

規制されている行為と罰則

禁止・処罰される行為には、大きく分けて「不正アクセス行為」「不正アクセス行為を助長する行為」「他人の識別符号を不正に取得・保管・入力要求する行為」の3つがあります。識別符号とは、IDやパスワードなどのことです。

1.不正アクセス行為

不正アクセス禁止法では、他人のコンピュータに不正にアクセスする行為が禁止されています。具体的には「なりすまし行為」と、「他人のコンピュータを攻撃して不正に侵入する行為」です。

  • 「なりすまし行為」は、他人のIDやパスワードを勝手に使用して、アクセス制限がかけられた他人の情報にアクセスすることです。
  • 「他人のコンピュータを攻撃して不正に侵入する行為」は、他人のコンピュータにおけるセキュリティ・ホール(安全対策上の不備)を、攻撃用プログラム等を使って攻撃して、そのコンピュータのアクセス制御機能を外し、無断で利用できるようにすることです。

これらの不正アクセス行為をした場合、罰則として3年以下の懲役、又は、100万円以下の罰金を科される可能性があります。

2.不正アクセス行為を助長する行為

不正アクセス行為を助長する行為とは、他人のIDやパスワードを、本人に無断で第三者に提供することです。

Cさんが勝手にAさんのIDやパスワードをBさんに教えて、Bさんが勝手にAさんのデータにアクセスできるようにしたりすると、Cさんの行為は不正アクセス助長行為に該当します。教える方法は、電話やメール、ホームページを通じて等手段を問いません。

不正アクセスを助長する行為をした場合、1年以下の懲役、又は、50万円以下の罰金を科される可能性があります。

3.他人の識別符号を不正に取得・保管・入力要求する行為

典型的な行為がフィッシングです。フィッシングは、大手サイトなどになりすました偽アドレスにEメールなどから誘導し、IDやパスワードを入力させて不正に取得したりする詐欺行為のことです。
また、不正アクセスに利用する目的で、不正に取得した他人のパスワードなどを保管する行為も禁止されています。

このような行為をした場合、1年以下の懲役、又は、50万円以下の罰金を科される可能性があります。

身近な不正アクセス禁止法違反事例

上記の規制行為の内容を見てわかる通り、この法律はあくまで「ネットワークに接続された環境下」にあることを前提としています。つまり、ネットワークを介さずにIDやパスワードを入力するだけであれば、不正アクセス禁止法違反にはなりません。

なので、他人のスマートフォンにかけられたロックを解除するだけならば、不正アクセスには該当しません。ロックの設定されていないLINEやメールに届いているメッセージを見る行為も、不正アクセスには該当しません。ロックを解除する場合でも、インターネットを介さずに解除できるものであれば、これも該当しません。ただし、プライバシー権の侵害にあたる可能性はあります。

しかし、LINEなど自動でログインしデータ通信が行われるアプリにかけられたロックを解除して内容を盗み見た場合は、不正アクセス禁止法違反となります。

つまり、インターネットに接続し、データの送受信や通信を行ったかどうかが、不正アクセスかそうでないかの分かれ目となります。最近では、アプリを起動するだけでデータ通信が行われる場合があり、これは不正アクセスに該当する可能性がありますので注意が必要です。

他人のアカウントへの不正ログイン

一番身近ともいえる不正アクセス行為が、SNSなども含めた他人のアカウントに不正にログインする行為です。PC版のFacebookやLINEなどに、ブラウザに保存されたIDとパスワードを使って勝手にログインする行為や、Twitterなどのアカウント乗っ取り行為、ソーシャルゲームのアカウントに不正にログインし、アイテムなどを盗むような行為なども、不正アクセス禁止法に違反します。

クラッキング行為

ネットワークに繋がれたシステムに不正に侵入し、対象のコンピューターを不正に利用して情報を盗んだり、内容を改ざん・破壊する「クラッキング」行為も、当然不正アクセス禁止法に違反します。

フィッシング(詐欺)行為

大手サイトなどになりすました偽のサイトや、金融機関などになりすました電子メールから、IDやパスワードなどを不正に入手するフィッシングと呼ばれる詐欺行為も、不正アクセス禁止法に違反します。

LINEの内容は不倫の証拠として使える?

刑事訴訟では、プライバシー権侵害などの違法な手段で得た証拠は証拠にできない「違法収集証拠排除法則」が適用されるため、LINEの盗み見で手に入れた証拠は不倫の証拠として使えません。

離婚裁判などの民事訴訟では、刑事訴訟ほど厳格にはこの法則が適用されないため、証拠として扱われる可能性は高いです。ただし、デジタルデータは改ざんが容易なため、改ざんが疑われないよう、スマホ本体ごと写真におさめるなどして証拠を残す必要があります。

しかし、LINEの盗み見は不正アクセス禁止法違反にあたる可能性があります。不倫の証拠を集める際は、法に触れない方法で手に入れるようにしましょう。

スマホの盗み見と不倫では、不倫のほうが悪い

不貞の証拠を掴むためにパートナーのスマホを勝手に見た場合、不貞の問題を解決するために必要であった行為として、この不正アクセスは離婚裁判では不問にされるケースが多いです。また、以前に浮気をしたことのあるパートナーの浮気再発防止のためにスマホを盗み見た場合も、許されるケースが多いです。

夫婦の貞操義務や円満な家庭を破壊してしまう、重大な不法行為である不倫問題を解決することと比べたら、スマホの盗み見は罰が小さく、不問にされやすいわけです。

とはいえ、まったく悪くないということではありませんので、他の合法な方法で浮気を突き止めるのがベストです。

評判の高い
浮気調査・不倫調査に強い探偵事務所3選

原一探偵事務所

  • 業界トップレベルの高い調査力!
  • 数少ない弁護士弁護士特約店特約店!
  • 万一のときも安心の料金システム!

43年間、10万件以上の調査実績! 全国主要都市に18拠点を構える、信頼できる探偵事務所です。調査歴20年以上のベテラン調査員を現場に配属し、業界トップの圧倒的な調査力で、難易度の高い調査でも解決します。経験豊富だからこそ、料金の算出が明確で、見積もり金額以上の請求がなく安心です。

HAL探偵社

  • 業界最安価格帯の調査費用!
  • 業界初の調査料金後払い制・成功報酬型!
  • 調査成功率99.8%! 安心の調査保証制度

お客様満足度98.36%、調査成功率99.8%! 調査費用は業界最安価格帯の、調査員1名あたり1時間6,000円。しかも成功報酬型で、追加料金も一切なし、調査終了後の完全後払い制なので安心です。料金は安くても、裁判で使える鮮明で確実な証拠を掴みます。

総合探偵社TS

  • テレビ番組や雑誌等メディア実績多数!
  • 調査状況のリアルタイム報告可能!
  • 依頼者の精神面も問題解決もサポート!

低料金かつ高水準の調査力と、丁寧なアフターサポートが魅力の探偵事務所です。調査中は、状況をリアルタイムで報告してもらえます。依頼者の精神状態を常に気遣い、調査終了後も、離婚問題や慰謝料問題に強い弁護士を無料で紹介してもらえたり、夫婦カウンセラーから関係修復のためのサポートを受けられます。

関連記事

  1. 取り決めた養育費を相手が支払わない場合の対策

  2. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方

  3. 浮気でよくある嘘や言い訳と見破り方

  4. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意…

  5. 探偵の実力と調査報告書の内容について

  6. 浮気・不倫問題を相談するなら探偵と弁護士のどちらが良いのか

新着記事 人気記事

注目の記事TOP10

最新記事TOP5

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点

よく読まれている記事TOP5

  1. 不倫裁判について

  2. 浮気・不倫に関するコラム

  3. 浮気・不倫に関するコラム

  4. 慰謝料について

  5. 自分でできる浮気調査

PAGE TOP