疑わしいメールや写真というだけでは浮気の証拠にはならず、慰謝料を支払ってもらえないばかりか、相手と別れさせることも、当然離婚することもできません。裁判で浮気の事実を認められるために使える浮気の証拠を手に入れることが、探偵に浮気調査を依頼する主な目的です。

一般的に、「探偵社に依頼をする=離婚」というイメージがありますが、探偵への依頼はあくまで浮気の証拠を得るための手段であって、その後どうするかは自分で好きなように決めることができます。浮気をしていないかどうか確かめたい、という理由で調査を依頼する人も多くいます。

離婚を目的としない場合の依頼動機は、次のようなものが多いです。

  1. 浮気を止めさせるため
  2. 将来的な離婚を考えて

「将来的な離婚」というのは、子どもがいるなどの理由で今は離婚できないものの、将来的に離婚したときのために早いうちから証拠をつかんでおこうというものです。実は、不貞行為による離婚の場合、不貞の期間が長いほど慰謝料の金額が増えていきますが、数年おきに調査を依頼することで、長期間不貞があったことを立証できるためです。

浮気調査の目的は「不貞の証拠」を押さえること

「愛してる」というメールやキス写真を見つけても、法的に浮気の証拠として有効ではありません。浮気として認められるためには、パートナーが自らの意思で他の異性と「肉体関係」を持ったという証拠が必要です。これを「不貞の証拠」と言います。

浮気調査の依頼を受けた探偵の仕事は、この「不貞の証拠」を押さえることです。尾行や張り込みなどの調査を行い、現場で対象者と浮気相手の決定的なツーショットを、より鮮明で疑いようのない写真や映像として残します。そして最終的に、誰が、いつ、どこで、何をしたのかが詳細に記録された「調査報告書」として依頼人に提出します。この「調査報告書」が、疑いようのない証拠として裁判などで強い効力を発揮することになります。

不貞の証拠は、主に下記のようなものです。

  • 二人でラブホテルへ出入りしている写真や動画
  • 浮気相手の自宅に何度も出入りしている写真や動画

探偵の浮気調査の方法や「不貞の証拠」について詳しくは関連リンクをご覧ください。

浮気調査にかかる費用

「決定的な証拠を突きつけ、有利な条件で離婚したい」「浮気をやめさせてやり直したい」など、依頼人の状況や目的によって調査期間や調査内容、集める証拠などが大きく変わるため、浮気調査の料金相場はかなり幅があります。

基本的に、調査を依頼する期間が長いほど料金が上がります。多くの探偵事務所では、時間や日数あたりの料金で計算をしています。調査費用の平均金額は、調査員2名の場合で1時間あたり「1.5万円〜2万円前後」となっています。1日に4時間の調査を行い、一回の浮気調査に5日間かかるものとすると、総額の相場は「25万円〜40万円」になります。

浮気調査には主に「時間料金型」「パック料金型」「成功報酬型」の3つの料金体系があり、依頼内容や状況によって、どれを選ぶべきかが変わってきます。

調査料金を安くするためには

探偵の浮気調査は、調査期間に応じて料金が上がります。調査料金を安くするためには、対象者が浮気をしそうなタイミングや場所の見当をつけ、調査時間をできるだけ、的確に絞って調査をしてもらうことが重要です。

また、身長、体重、顔、服装など対象者についての情報や、使っている駅や車種などの移動手段についてもできるだけ詳しく伝えることも大切です。自分にとっては見慣れた人でも、探偵にとっては赤の他人です。短時間で確実に見つけられるよう、あらゆる情報を伝えてください。調査時間の短縮に加え、成功率も上げることができます。

さらに、スーツのポケットや財布の中身、携帯の利用料金やクレジットカードの利用明細、GPS機器やボイスレコーダーを使った調査など、自分でできる調査を行い、状況証拠を集めておくことも、調査料金を安くするためには効果的です。これらと合わせて探偵と打ち合わせることで、短期間で確実に不貞の証拠を押さえることができるようになります。

新着記事 人気記事

注目の記事TOP5

最新記事

  1. 悪徳探偵事務所の7つの特徴と悪徳業者の見分け方
  2. 浮気相手に慰謝料請求(損賠賠償)を行う上で知っておくべき8つの重要なポイント
  3. 浮気調査をプロの探偵に依頼する目的とは?
  4. 不倫から離婚 略奪愛に屈しない有利な離婚のススメ方
  5. 浮気調査の返金はある?探偵に依頼した浮気調査が失敗した場合の返金や注意点
PAGE TOP